京浜急行バスとダイドードリンコが、オリジナル自動販売機1台をバスの案内所に設置。お金を入れると車内アナウンスのフレーズをしゃべります。

商品を選ぶと降車ボタンのベル音

 京浜急行バスとダイドードリンコは2018年6月26日(火)、バスの車内アナウンスが流れるオリジナル自動販売機1台を、京浜急行バスの衣笠十字路案内所(神奈川県横須賀市)に設置しました。

 お金を入れると、車内アナウンスと同様に「京浜急行バスをご利用くださいまして、ありがとうございます」としゃべり、商品の選択ボタンを押すと降車ボタンの音が流れ、再び「次は、衣笠十字路でございます」などとしゃべります。

 外観も京浜急行バスの車体デザインを模しており、同バスの特徴をふんだんに取り入れています。

 2社は「本企画を通じて、自販機をご利用されるお客様により一層、京急バスへ親しみを感じていただくとともに、飲料を購入する以外の楽しみを提供してまいります」としています。