空港民営化に向けて、富士山静岡空港と静岡県が空港運営権実施契約を締結。あわせてフードコートやビジネスラウンジなどが相次いでオープンします。

「マツモトキヨシ」もオープン

 富士山静岡空港と、同社の株主である三菱地所、東急電鉄の3社は2018年11月22日(木)、「富士山静岡空港特定運営事業等公共施設等運営権実施契約」を静岡県と締結したと発表しました。

 静岡県は静岡空港の民営化に向けて、空港運営の中心を担う民間事業者を公募し、3月には三菱地所を代表企業とし東急電鉄から構成される企業連合「三菱地所・東急電鉄グループ」を選定していました。今後は、2019年4月1日からの空港運営事業開始に向けて、準備が進められます。

 これに並行して、旅客ターミナルではリニューアルが進行中。2018年12月6日(木)には約160席の「フードコートFSZ」がオープンします。静岡県を代表する店舗として、ラーメン「麺屋 燕」、餃子「元祖 浜松餃子 石松」、そば・うどん「東海軒富士見そば」の3店舗が開店。残る1店舗の「パスタ屋1丁目」も2019年2月初旬にオープンする予定です。

 このほか、ドラッグストア「マツモトキヨシ」は12月6日(木)、ビジネスラウンジ「YOUR LOUNGE」は12月22日(土)にそれぞれオープンします。