ついに就航したANAのエアバスA380型機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」。成田発ホノルル行きに続き、折り返しホノルル発成田行きの初便も出発しました。ANAによると、両便ともほぼ満席だったそうです。

初便は両方ともほぼ満席

 ANA(全日空)が日本の航空会社で初めて導入し、東京(成田)〜ハワイ(ホノルル)線へ就航させた「世界最大の旅客機」エアバスA380型機。そのホノルル発成田行きの初便(NH183便)が5月24日(金)の12時ごろ(日本時間25日〈土〉7時ごろ)、成田発ホノルル行きの初便(NH184便)の折り返しで出発しました(所定は現地時間11時30分発)。

 成田行き初便の出発にあたって、ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)ではセレモニーが開催されたほか、搭乗客へ「フライングホヌ」にちなんだデザインのタオルがプレゼントされています。

 ANAによると成田発の初便(NH184便)、ホノルル発の初便(NH183便)とも、ほぼ満席だったとそうです。

 またダニエル・K・イノウエ国際空港では、「かわいい〜」と言いながら「フライングホヌ」をバックに写真を撮る乗客たちのほか、空港スタッフや航空会社のクルーとみられる服を着ている人がしばしば、スマートフォンで「フライングホヌ」を撮影していたのも印象的でした。