アートディンクが『A列車で行こうExp.+』のプロモーションムービーをYouTubeで公開。新しい機能などが紹介されています。また東海道新幹線などの車内放送を担当する脇坂京子さんが、ムービーのナレーションを務めています。

蒸気機関車から新幹線まで登場

 アートディンクは2019年10月11日(金)、「プレイステーション4(PS4)」専用ソフト『A列車で行こうExp.+(エクスプレス プラス)』のプロモーションムービーを、YouTubeで公開したと発表しました。

『A列車で行こうExp.+』は都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲーム。11月14日(木)発売予定で、価格は7800円(税別)です。プロモーションムービーはその遊び方に加え、「プラス」で追加された機能なども紹介しています。

「プラス」では新規車両として、JRとの直通に向けた相鉄20000系電車、一畑7000系電車、江ノ島電鉄300形電車が追加。アイテムはレトロな田舎駅や洗車場、蒸気機関車用の石炭を入れる施設、給水施設、転車台などが追加されています。さらに、新幹線や貨物列車など長い編成の車両が再現できるよう、ホームは20両編成対応です。

 なおムービーのナレーションは、東海道新幹線などの車内放送を担当する脇坂京子さん。アートディンクは「蒸気機関車から新幹線まで登場する充実ぶりに加え、新機能や鉄道車両、建物などがプラスされた、鉄道ゲームの世界を心ゆくまでお楽しみください」としています。