自動改札機の位置が変わります。

 JR東日本大宮支社は2019年11月14日(木)、川越線の川越駅(埼玉県川越市)をリニューアルすると発表しました。

 増える観光需要に対応するため、観光の玄関口にふさわしい駅に模様替えします。具体的には、「蔵造りの町家」「時の鐘」をモチーフとし、木の質感や黒漆喰をベースにした「小江戸 川越」の街並みを感じられるデザインに変更。あわせて有人改札口をシースルーカウンター化し、明るく開放的な改札に改良します。

 自動改札機は位置を見直し、ラッシュ時における利用客の入場・出場の動線を改善します。「みどりの窓口」はオープンカウンターに変えて利便性を向上。さらに、待ちスペースに冷暖房を整備します。

 リニューアル工事は2020年7月ごろに完了する予定です。