東海道新幹線の車窓と座席に関するアンケートを実施。その結果、3人に1人が「海側(A席)」、3人に2人が「山側(D・E席)」を選びました。その理由は、車窓の「海」「富士山」以外にもさまざまな理由がありました。

「海側」は3人に1人

「乗りものニュース」では2019年11月22日(金)から25日(月)にかけて、東海道新幹線の車窓と座席に関するアンケートを実施。630人から回答が集まりました。

「東海道新幹線の座席、車窓で選ぶなら海側(A席)と山側(D・E席)のどちらですか」との質問では、「海側(A席)」の33.2%(209人)に対し、「山側(D・E席)」は66.8%(421人)でした。

「海側(A席)」を選ぶ理由は「海が見えるから」が70.3%で、このほかの自由回答ではおもに次の理由が挙げられました。

・(進行方向左側)窓際が好きだから(50〜54歳、男性)
・海側は午前に乗る機会が多いので眩しい(45〜49歳、男性)
・A席からでも富士山が見える!!(40〜44歳、男性)

富士山以外で「山側」を選ぶ理由は

「山側(D・E席)」を選ぶ理由は「富士山がよく見えるから」が72.9%で、このほか次のような自由回答が寄せられました。

・車庫や並走路線が多く見れるから(〜19歳、男性)
・名古屋駅セントラルタワーが見えるから(40〜44歳、男性)
・瀬田の唐橋や浜名湖、伊吹山に富士山など、各地の見所を眺めながら移動するのが楽しい!(25〜29歳、男性)
・東海道新幹線は基本的に海側は陽が当たって暑いので(40〜44歳、男性)
・茶畑やお城が見えるから(35〜39歳、女性)
・新大阪〜京都間の阪急電車との並走が見えるから(30〜34歳、男性)

●アンケート実施概要
・調査期間:2019年11月22日(金)20時ごろから11月25日(月)10時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:630