まもなく退役予定であるJACのサーブ340B型機。JALグループ最小の機体で、機内もユニークです。この退役を前に実施されたツアーを取材。格納庫見学やフライトシミュレーター体験など普、段は触れられない場面が盛り沢山でした。

軍用機メーカーとしても知られるサーブ 機内はユニーク

 鹿児島空港を拠点とするJAL(日本航空)グループのコミューター航空会社、JAC(日本エアコミューター)。同社の保有するターボプロップ機「SAAB(サーブ)340B型機」がまもなく退役するのにともない、2019年11月30日(土)から12月1日(日)にかけ、鹿児島空港を中心に「JAC SAAB340B 退役チャーターツアー」が行われています。

 サーブ340B型機は1992(平成4)年、当時はJAS(日本エアシステム。現在はJALに統合)グループだったJACで、国産ターボプロップ機YS-11型機の後継機種として導入されました。サーブは、軍用機メーカーとしても知られているスウェーデンの会社。サーブ340B型機の強みは短い滑走路でも離着陸できるところで、離陸時の必要滑走路長は1235m、着陸が1045mとのことです。

 現在のJALグループが保有する機体では、大きさ(全長19,73m)、席数(36席)ともに、サーブ340B型機が最も小さい機体。なおJALグループでは、北海道拠点のHAC(北海道エアシステム)も同型機を保有しています。

 機内の様子も、JALグループで最も小さいだけあってユニークです。席数の横配置は左1列、右2列が標準で、最後部のみが右3列。また、機内の高さが最大1.83mと低めなため、通路が一段低くなっています。手荷物の収納棚は右側のみの設置で、貨物スペースの設置場所は機体後方です。

格納庫でサーブ340B型機とふれ合う 退役は12月中の予定

 退役ツアーには、約120人の応募者からの抽選で30名が参加。東京や大阪のほか、名古屋や熊本、サーブ340B型機の就航路線だった鹿児島県の離島、喜界島から参加した人もいたそうです。

 11月30日(土)、イベント初日の格納庫見学は、後ろにサーブ340B型機の後継機種となるターボプロップ機「ATR-42型機」が控えるなかで行われました。サーブ340B型機は、普段は見られない機首部分「レドーム」やエンジン内部、貨物室などがオープンな状態。機内ではコックピットにも入れたほか、CA席の着座体験、アナウンス体験もできました。

 サーブ340B型機のフライトシミュレーター体験も実施。シミュレーターは1993(平成5)年に設置されたものですが、当時の先端技術が使われています。1人5分ほどの時間で、主にJACが就航する鹿児島近辺を飛行するコースのほか、羽田空港の離着陸体験やトラブル時の操縦体験まで対応可能で、実際にそれをリクエストした参加者もいました。

 夕食時には、飛行機ファンとして知られる東海ラジオの酒井弘明アナウンサー司会のもと、サーブ340B型機のパイロット、整備士、CA(客室乗務員)によるトークショーを開催。パイロットや整備士によると、軍用機メーカーの飛行機らしく非常に頑丈な飛行機とのこと。導入からこれまで20年以上の期間で、電線の交換はほぼないそうです。

 サーブ340B型機はツアー2日目の12月1日(日)、鹿児島空港と徳之島空港のあいだをチャーターフライトで、県内の離島を遊覧しながら往復する予定です。

 このサーブ340B型機は、後継機であるATR-42型機の9号機がJACへ導入され次第、退役するとのこと。現在のところ、12月中になる見込みだそうです。