開業から半世紀以上が経過した東海道新幹線。山陽新幹線も全線開業から45周年を迎えます。この間、新幹線車両はスピードアップに加え、乗り心地や車内サービス内容も進化しました。一方で、約30年間変わらないものもあります。

進化する座席、一方で座席数は変わらない

 鉄道を利用するうえで気になることのひとつに、「乗り心地」が挙げられるでしょう。ここでは、東海道・山陽新幹線の座席や設備について見ていきます。

 東海道・山陽新幹線の開業当初から走っていた車両は、ご存じの通り、0系電車です。1964(昭和39)年、東京〜新大阪間の開業に合わせてデビューしてから1986(昭和61)年まで、実に22年間にわたって製造され続けました。もともと0系の普通車は、リクライニングしない転換クロスシート(背もたれを前後に動かすことで向きを変えられる座席)でしたが、その後リクライニングが可能になり、快適性が増しました。また、1985(昭和60)年に営業を開始した100系電車は、シートピッチ(座席の前後間隔)が980mmから1040mmに広がり、0系では固定式だった3列座席が進行方向に回転できるようになりました。

 続いて開発された初代「のぞみ」用の300系電車では、座席の構造が大きく変わりました。軽量化を図るため、座面を支えていた金属製のばねをなくしたのです。これは高速走行に大きく貢献しましたが、一方で乗り心地が悪くなってしまい、利用者からの評判はあまりよくありませんでした。このため、現在活躍するN700系電車は、金属製のばねが復活しています。

 新幹線の座席は時代とともに進化していますが、一方で約30年にわたって変わらないものがあります。それは、座席の数。実は、300系と700系電車、N700系は、3形式とも1編成(16両)の乗車定員が1323人で統一されており、さらに1号車は65人、2号車は100人、3号車は85人……というように、各号車の座席数もそろえられているのです。こうすることで、たとえば車両が故障した際に違う形式で運行できるほか、形式ごとに予備を用意する必要もなくなるなど、効率的な運行が可能になりました。

3列席中央は幅が広く、先頭車はシートピッチが狭い

 ちなみに、300系の次に東海道・山陽新幹線用として開発された500系電車は、各号車の座席数が300系や700系と異なります。そのため、もし500系が故障してほかの車種で運行しなければならなくなった場合、「きっぷに表示された座席が存在しない」という事態が起こってしまいました。500系は、300系よりも早く2011(平成23)年3月に東海道新幹線での運用を終えましたが、その背景にはこうした事情もあったのです。

 このように、現在は新幹線の座席数が統一されている一方、場所によってその大きさが微妙に違います。例えばN700系の座席幅は、3列席の中央にあたるB席だけが、ほかの座席よりも20mm広い460mmとされていて、両隣に人がいる圧迫感を軽減しているのです。

 また、N700系の先頭車は“鼻”が少し長くなりましたが、1両の長さはそのままなので、客室部分を少し短くする必要が生じました。そのため、中間車はシートピッチが1040mmですが、先頭車は20mmほど詰められています。それでも、在来線特急よりも広いスペースが確保されているため、圧迫感を覚えるほどではありません。ちなみに、グリーン車の座席幅は480mm、シートピッチは1160mmです。

 ところで、N700系のうち九州新幹線との直通運転用に導入された7000・8000番台は、普通車指定席のシートが大幅にグレードアップされています。2列+3列の5列から2列+2列の4列となり、座席幅は460mmに統一。ひじ掛け部分も広く、まるでグリーン車のようなゆったりした座席が自慢です。グリーン車もレッグレストを備え、枕部分を大きくするなど、グレードアップしている普通席との差別化を図っています。山陽・九州新幹線は東海道新幹線と比べて利用者が少なく、また京阪神〜九州間における航空機との競争も激しいため、さらなる快適性が追求されているのです。

電源コンセントに続き、Wi-Fiが当たり前になる

 こうした山陽新幹線ならではのサービスは、「ひかりレールスター」としてデビューした700系7000番台を受け継いだものです。これらの車両は8両編成のため、東海道新幹線で営業することはありませんが、山陽新幹線に乗る際は積極的に利用してみるのもよいでしょう。

 座席以外に目を向けてみると、乗客から最近とくに喜ばれている設備が電源コンセントです。700系は当初ありませんでしたが、2000(平成12)年に登場した山陽新幹線専用の7000番台「ひかりレールスター」で、各車両のデッキ仕切り壁に電源コンセントと大型テーブルを設置。翌年からは、東海道新幹線に直通する16両編成にも導入されました。この時は1両あたりわずか10か所のみの設置で、しかも仕切り壁にあったため、進行方向後ろ側のコンセントは使いづらい状態でしたが、N700系では普通車の各列側窓下やグリーン車の全席に設置され、利用できる人数が大幅に増えました。

 そして、2020年7月に営業を開始する新型新幹線車両「N700S」では、ついに普通車も全席で電源コンセントが使えるようになります。新幹線での移動中に、スマートフォンやパソコンを使う人は多く、そうした人たちには力強い“味方”となることでしょう。

 電源コンセントに続いて人気の設備が、無料Wi-Fiサービスです。これまでにも、携帯電話キャリア各社の有料Wi-Fiサービスは提供されていましたが、2018年夏からは乗客の誰もが使えるサービスがスタート。スマホなどの設定で「Shinkansen_Free_Wi-Fi」を選択し、メールアドレスまたはTwitter・FacebookなどのSNSアカウントを登録することで、使えるようになります。現在、Wi-Fiを提供するための機器を各車両に設置する工事はほぼ完了し、ほとんどの列車で利用が可能です。

5月から「特大荷物スペースつき座席」の運用開始

 最近は、新幹線のバリアフリー化も進んでいます。11号車には車いす対応座席とともに、電動車いすでも利用可能なトイレを設置。このトイレはオストメイト対応となっています。余談ですが、N700系ではすべての大便所が洋式便器となり、さらに一部編成には温水洗浄便座となっていて、より快適に利用できるようになりました。

 さらに、この車両には多目的室も設けられ、体の不自由な方でも新幹線を利用しやすくなっています。また、多目的室が空いていれば、体調が悪くなったときや赤ちゃんへの授乳などに利用できるので、必要なときは車掌に相談するとよいでしょう。

 そして、2020年5月からは新幹線に持ち込む大型荷物に関して、新たな制度が始まります。指定席車両の最後列が「特大荷物スペースつき座席」となり、幅・奥行・高さの合計が160cmを超えて250cm以下の「特大荷物」を持ち込む場合は、この座席を指定することが必要になります。「特大荷物スペースつき座席」の指定席料金は、ほかの座席の指定席料金と同額ですが、座席数に限りがあるため注意が必要です。

 なお「特大荷物スペースつき座席」を確保せずに、新幹線に大きな荷物を持ち込んだ場合は、手数料1000円を乗務員に支払い、所定のスペースに荷物を置くことになります。大きな荷物がある場合は、少し早めに指定席を購入したほうがよいでしょう。

 時代とともに、新幹線の座席や設備もどんどん快適できめ細かくなっています。次にどんな設備が登場するか、楽しみです。