今春の鉄道ダイヤ改正で新たに登場するものに関するアンケートを実施。常磐線の全線運転再開、近鉄名阪特急の80000系「ひのとり」、E261系特急「サフィール踊り子」が上位に選ばれ、それぞれの理由も集まっています。

ダイヤ改正注目トップは「常磐線の全線運転再開」

「乗りものニュース」では2020年3月9日(月)から11日(水)にかけて、3月の鉄道ダイヤ改正で新たに当時要するものに関するアンケートを実施。401人から回答が集まりました。

「2020年3月の鉄道ダイヤ改正における“新しいもの”ののうち、どれに最も注目していますか?」の質問では、「常磐線の全線運転再開」が26.7%で最も高く、「近鉄名阪特急の80000系電車『ひのとり』」21.7%、「特急『サフィール踊り子』(E261系電車)」14.2%も人気を集めました。

4位以下の結果は次のとおりです。

・山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅:9.2%
・富山地方鉄道の富山港線〜富山軌道線南北直通運転:6.5%
・JR九州のYC1系ハイブリッドディーゼルカー:6.2%
・東武アーバンパークライン(野田線)の全線急行運転:3.0%
・JR北海道のH100形ディーゼルカー:2.0%
・東海道本線の御厨駅:2.0%
・札幌〜新千歳空港間の特別快速「エアポート」:1.7%
・指定席を導入した磐越西線の快速「あいづ」:1.5%
・予讃線の南伊予駅:0.7%
・特急「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」(運行は4月から):0.5%

「その他」4.0%では、「東京22時00分発の名古屋行き臨時『のぞみ71号』」(30〜34歳、男性)、広島地区の「快速『シティライナー』復活」(40〜44歳、男性)、「関空特急『はるか』の271系」(25〜29歳、男性)などが挙げられています。

常磐線 ひのとり サフィール踊り子 注目の理由は?

 1位の「常磐線の全線運転再開」を選んだ理由では、「東日本大震災復興への後押しとなることと、東京都区内〜仙台間を直通運転する在来線特急が復活すること」(40〜44歳、男性)、「震災と原発事故から9年、ようやくこの日が来たと喜んでいます。震災前たった一度だけ、いわき〜原ノ町〜仙台と乗ったことがあるだけなのですが、福島県浜通りが鉄路で結ばれることが本当に嬉しいです」(35〜39歳、男性)、「長年の悲願。復興の一歩」(70〜歳、男性)、「昔、息子と二人全線普通で乗り通した思い出が懐かしくて」(50〜54歳、男性)、「夜ノ森に桜を見に行きたい」(20〜24歳、女性)「東北出身で被災者なので、少なからず思い入れがあります」(25〜29歳、男性)といった回答がありました。

 2位の「近鉄名阪特急の80000系電車『ひのとり』」を選んだ理由は、「身近で乗りに行けるハイグレード車両」(25〜29歳、男性)、「乗る機会がありそうだから」(50〜54歳、男性)、「近鉄の看板特急になりそうな予感があるから」(40〜44歳、男性)、「近鉄の本気度が見えたから」(50〜54歳、男性)、「株主」(55〜59歳、男性)、「近鉄の特急が好きだから」(35〜39歳、女性)などの回答です。

 3位の「特急『サフィール踊り子』(E261系電車)」は、「久々の食堂車」(45〜49歳、男性)、「地元を走る新しい特急だから」(20〜24歳、男性)、「かっこいいから!」(45〜49歳、女性)、「新しいプレミアムグリーン車に乗って前面展望を楽しみたい!!!」(〜19歳、男性)、「車両が新しいだけでなく設備面やサービス面での新しい取り組みがみえるから」(25〜29歳、男性)、「熱海によく出かけるので、乗ってみたい」(50〜54歳、男性)などが理由として寄せられました。

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年3月9日(月)20時ごろから3月11日(水)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:401