道路の側方に連続して設置された灯具を、クルマの進行方向へ流れるように点灯させていくというシステムの採用が増えています。渋滞緩和を目的とするケース多いですが、実は速度の抑制など、幅広い使い道がある「光のマジック」です。

渋滞量65%減 「速度回復誘導灯」効果大

 2020年4月現在、高速道路を中心に、道路の側方に連続して設置された灯具をクルマの進行方向へ流れるように点灯させていくというシステムの採用が増えています。首都高では「エスコートライト」、NEXCO東日本では「ペースメーカーライト」など、道路管理者ごとに様々な呼び名があります。

 その多くは渋滞の緩和が目的です。阪神高速では「速度回復誘導灯」として、これまで慢性的な渋滞ポイント3か所に設置し、2020年度も2か所に追加する予定とのこと。

 渋滞の多くは、下り坂からゆるやかな上り坂へ変化する「サグ」と呼ばれる部分において、ドライバーが意識しないあいだに速度が低下してしまうことで発生しています。そこで渋滞の発生に応じ、光を走行速度より速いスピードで流すことにより、ドライバーの視線を誘導し、速度回復を促すというものです。

 このシステムをNEXCO中日本と共同で開発した名古屋電機工業(愛知県あま市)は、仕組みについて次のように話します。

「人間は、視界に入る景色が動くことで自分が動いていると感じ、また光に追従する性質を持っています。走行中の視界で光が流れ、それに『置いていかれている』ように感じれば、スピードを回復しようとするのです」(名古屋電気工業)

 たとえば、阪神高速3号神戸線の渋滞ポイントである上り線の深江出入口付近、通称「深江サグ」では、速度回復誘導灯の無点灯時と点灯時を比べると、渋滞量(渋滞のボリューム感を、渋滞の長さと時間を掛け合わせて算出する目安値。「km・時」で表す)が1日平均4.7km・時から1.6km・時と、実に65.3%も削減されたといいます。

 一方、NEXCO中日本ではこのシステムを「ドライブ・アシスト・ライト」と呼称しています。これには、速度回復による渋滞緩和だけではない、幅広い目的が込められているようです。

速度ダウン効果も 「流れる光」の発展形とは?

 たとえば、新東名高速と東名高速を結ぶ清水連絡路の一部では、「ドライブ・アシスト・ライト」が下り坂での速度抑制を目的に設置されています。名古屋電機工業によると、「ドライバーは、流れる光よりも自分のスピードが速すぎると感じれば、抑えようとする」といい、理論上は、適正なスピードで流すことで速度の回復にも抑制にもつながると説明します。

 東名阪道の上り線、鈴鹿IC前後の約4kmで採用されている「ドライブ・アシスト・ライト」は、さらに発展的です。複数のボトルネック箇所が存在するこの区間では、スムーズに流れている区間は消灯、渋滞の手前では注意喚起のため光を流さず点滅、渋滞の中では速度を一定に保たせるため低速、渋滞の終わり付近では速度回復を促すため高速で光を流す、といった運用がなされています。

 名古屋電機工業によるとこのほか、急カーブなど見通しの悪い区間や、霧などの視界不良下における事故防止のための視線誘導などを目的に設置するケースもあるとのこと。工事による車線規制区間の手前で車線移動を促すため、カラーコーンの先端部に取り付ける可搬式のシステムが使われることもあるそうです。また同社では、ソーラーパネルにより電源をまかなうタイプも用意しているといいます。

 ちなみに、近年開通した新名神の高槻JCT〜神戸JCT間のように、「流れる光」の灯具を後付けするのではなく、トンネルの照明器具にその機能が備えられているところもあります。