修学旅行前の列車の乗車練習に関するアンケートを実施。練習の経験がある人は約3割で、そのほとんどが新幹線の乗車練習でした。「本番」で練習の成果が発揮されたかどうかの結果も判明しています。

学校で隊形や駅ホームでの動きなどを練習した経験は?

「乗りものニュース」では2020年4月29日(水・祝)から5月1日(金)にかけて、修学旅行前の列車の乗車練習に関するアンケートを実施。620人から回答が集まりました。

「あなたは修学旅行前、学校で、乗りものに乗る際の隊形や駅ホームでの動きなどを練習した経験がありますか?」の質問では、「ある」が32.7%、「ない」が60.8%、「忘れた」が6.5%でした。

「ある」と回答した人に練習した乗りものを質問(複数選択)すると、「新幹線」80.8%、「在来線列車」29.1%、「忘れた」1.0%、「その他」7.4%でした。「その他」は「バス」(50〜54歳、女性ほか複数)、「飛行機」(50〜54歳、男性ほか複数)、「青函連絡船」(60〜64歳、男性)などです。

「練習をしたのはいつのときですか?」の質問(複数選択)では、「小学校」34.0%、「中学校」75.4%、「高校・専門学校」9.4%、「忘れた」0.5%、「その他」0.5%(「保育園」〜19歳、男性)でした。

修学旅行前に乗車練習…「本番」で成果は発揮できたのか?

「練習の成果は本番で発揮されましたか?」の質問では、「発揮された」49.8%、「どちらともいえない」36.5%、「発揮されず失敗に終わった」2.5%、「忘れた」9.4%、「その他」2.0%でした。

「その他」は、「教師が乗り場の位置を把握していなかったため振り回された」(〜19歳、男性)、「ホームの狭い号車だったためにリハと全然違う形で乗車した」(〜19歳、男性)といった回答が寄せられています。

 なお、乗車練習をしたことがないと回答した人を対象とした、修学旅行時の目的地までの主な乗りものの質問(複数選択)では、「新幹線」83.0%、「バス」51.7%、「在来線列車」40.6%、「飛行機」21.5%、「その他」8.5%(フェリーなど)でした。

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年4月29日(水・祝)19時ごろから5月1日(金)10時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:620