新型コロナウイルス感染拡大と鉄道の減便に関するアンケートを実施。列車の減便に対し「賛成」「やや賛成」と答えた人の合計は、普通・快速列車は約6割、新幹線・特急などの長距離列車は約8割でした。

新幹線や特急などの長距離列車はより「賛成」多く

「乗りものニュース」では2020年5月11日(月)から13日(水)にかけて、新型コロナウイルス感染拡大と鉄道の減便に関するアンケートを実施。1228人から回答が集まりました。

「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、普通・快速列車の運行本数を減らすことについてどう思いますか?」の質問は、「賛成」34.3%、「やや賛成」27.3%、「どちらともいえない」19.2%、「やや反対」9.9%、「反対」9.3%という結果でした。

「賛成」「やや賛成」の理由を質問(複数選択)した結果は次のとおりです。

・利用者の増減にあわせて本数を調整するのは合理的だから:79.1%
・鉄道職員の感染リスクが下がるため:59.3%
・不要不急の外出自粛を促すため:54.2%
・鉄道事業者の収益を確保するため:47.9%
・鉄道職員の人員不足リスクが避けられるため:37.2%
・その他:2.6%

「その他」は、「運用を減らすことで車両の検査周期を延ばせるため」(〜19歳、男性)、「環境保全の点から節電をすべきであるため」(20〜24歳、男性)、「無理矢理かもしれませんが、時差通勤やできる範囲での在宅ワークを促すきっかけの一つになりうるから」(45〜49歳、男性)などの理由が寄せられました。

「やや反対」「反対」の理由を質問(複数選択)した結果は次のとおりです。

・列車1本あたりの乗客が増えて車内が「密」になるから:84.7%
・通勤・通学などに支障が出るから:55.9%
・仕事の出張旅行に支障が出るから:8.1%
・レジャーに支障が出るから:7.6%
・その他:5.1%

「その他」は、「特に地方都市路線だと利便性低下から旅客逸脱を招きかねない」(45〜49歳、男性)、「座れない」(55〜59歳、男性)などです。

新幹線や特急などの長距離列車 減便は賛成? 反対?

「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新幹線や特急など長距離列車の運行本数を減らすことについてどう思いますか?」の質問は、「賛成」57.0%、「やや賛成」26.4%、「どちらともいえない」10.1%、「やや反対」3.4%、「反対」3.1%となり、普通・快速列車の質問と比較して「賛成」が多い結果でした。

「賛成」「やや賛成」の理由を質問(複数選択)した結果は次のとおりです。

・利用者の増減にあわせて本数を調整するのは合理的だから:79.3%
・不要不急の外出自粛を促すため:66.9%
・鉄道職員の感染リスクが下がるため:52.7%
・鉄道事業者の収益を確保するため:46.1%
・鉄道職員の人員不足リスクが避けられるため:34.2%
・その他:4.1%

「その他」は、「普通・快速は生活圏での移動で必要だが、特急等の長距離移動は生活に直結しないので必要ない」(25〜29歳、男性)、「働き方改革の一つとしても…」(55〜59歳、男性)、「県境を越えての往来を防ぐため」(50〜54歳、男性)、「空気を運ぶのは電気の無駄遣い」(40〜44歳、男性)などの回答が寄せられています。

長距離列車 減便反対の理由は?

「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新幹線や特急など長距離列車の運行本数を減らすことについてどう思いますか?」の質問で「やや反対」「反対」を選択した理由(複数選択)の結果は次のとおりです。

・列車1本あたりの乗客が増えて車内が「密」になるから:71.3%
・仕事の出張旅行に支障が出るから:43.8%
・通勤・通学などに支障が出るから:35.0%
・レジャーに支障が出るから:28.8%
・その他:16.3%

「その他」は、「東北方面の新幹線は元々本数少ないのにこれ以上減らすのは理解できません」(30〜34歳、男性)、「臨時列車を減らすのは賛成だが定期列車は少なからず必要な人もいる」(50〜54歳、男性)などでした。

 なお、「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)フォロワーなどを対象に行った今回のアンケートで、「平常時(新型コロナ流行前)の生活では、鉄道を使いますか?」の質問では、「通勤・通学で使う」が55.8%、「通勤・通学ではないが使う」が22.7%、「普段は使わない」が21.5%でした。

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年5月11日(月)20時ごろから5月13日(水)10時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:1228