今年も開催です!

 カメラレンズ大手のタムロンは2020年6月15日(月)、第13回「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道ベストショット」と第2回「タムロン鉄道風景Instagramコンテスト2020」を開催すると発表しました。

 両コンテストとも、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば、風景、スナップなどを問わず応募が可能。撮影機材や撮影地域も不問です。

「鉄道風景コンテスト」は2008(平成20)年から毎年開催されており、昨年の第12回は過去最高となる7843点の応募があったといいます。今年の第13回の応募期間は8月25日(火)まで(消印有効)。作品は1人10点まで応募可能。受付は郵送のみです。

 審査員は、写真家の広田尚敬さんとフォトライターの矢野直美さんです。一般の部は、大賞(さいたま市長賞、1人)が賞金30万円と副賞としてタムロンレンズ、準大賞(3人)は5万円とタムロンレンズ、審査員特別賞(3人)は2万円など。小・中・高校生の部は、大賞(さいたま市教育委員会教育長賞、1人)が10万円とタムロンレンズ、準大賞(3人)は3万円とタムロンレンズ、審査員特別賞(3人)は1万円などがそれぞれ贈られます。

 9月下旬に審査結果が発表され、10月にそごう大宮店で入賞作品の写真展が開催。さらに鉄道誌『レイル・マガジン』2020年12月号で上位入賞作品が掲載される予定です。

「鉄道風景Instagramコンテスト2020」はスマホからも投稿可

「鉄道風景Instagramコンテスト2020」はスマートフォンでも投稿が可能。タムロン公式インスタグラム(@tamronjp)をフォローし、鉄道を含む風景やスナップ作品に「#タム鉄フォトコン」のタグを付けて、使用したカメラ(スマートフォン可)、レンズ名を記載しインスタグラムに投稿します。作品はほかのフォトコンテストなどに応募・発表予定のないものに限ります。ひとり何点でも応募が可能です。

 応募期間は7月25日(木)まで。結果はタムロンの公式ブログや公式SNSで、8月上旬に発表される予定です。審査は鉄道写真家の杉山 慧さんが担当。大賞(1人)は3万円、準大賞(3人)は1万円、入選(15人)は5000円、タムロン賞(1人)は1万円がそれぞれ贈られます。入賞作品は「鉄道風景コンテスト」と同様、10月にそごう大宮店で開催される写真展で展示されます。

 なおタムロンは、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で継続が不可能と判断された場合、それぞれのコンテストを中止する可能性があるとしています。