路肩のラバーポール、さらば!

 NEXCO中日本は2020年6月16日(火)、新東名高速の御殿場JCT〜浜松いなさJCT(以下、静岡区間)で進めている6車線化工事が7月に一部完成すると発表しました。

 下り線は長泉沼津IC〜藤枝岡部IC間およそ約72km、上り線は新静岡IC〜藤枝岡部IC間およそ19kmが、7月16日(木)10時からそれぞれ片側3車線になります。最高速度が120km/hに引き上げられた区間を含む新静岡IC〜藤枝岡部IC間は、上下線とも片側3車線となり、6車線化が完了します。

 新東名の静岡区間は現状、約145kmのなかで6車線の区間と暫定4車線の区間が混在していますが、構造物はほぼ全線にわたり6車線に対応してつくられています。6車線化は、全長25mの「ダブル連結トラック」の走行や、自動運転などを想定した物流の効率化に対応するだけでなく、今回の区間の完成により、お盆などを中心に発生していた長泉沼津ICから新清水JCTにかけての渋滞の解消や、東名の迂回路としての機能も強化されるといいます。

 なお、このほかの区間の車線増設については、2020年度中に順次完成する予定とのことです。引き続き6車線化工事を実施している箇所は、路肩が狭く、最高速度が80km/hに規制されているところもあるため、NEXCO中日本は走行に注意するよう呼び掛けています。