「圏内」のトンネルが増えます。

 JR東日本は2020年6月25日(木)、山形・秋田新幹線と中央本線のトンネルで携帯電話の通信サービスを順次開始すると発表しました。

 山形新幹線の庭坂〜赤岩間(トンネル長約4.8km)は7月8日(水)に、秋田新幹線の赤渕〜田沢湖間(同約6.5km)は8日(水)までに順次サービスがスタートします。秋田新幹線は今回の整備により、全区間のトンネルで携帯電話の圏外が解消されます。

 中央本線は、高尾〜四方津間(同約9.0km)で31日(金)までに順次サービスが始まります。

 サービス提供事業者は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクです。