今回は「1番列車」公表されていませんでした。

 東海道・山陽新幹線で13年ぶりのフルモデルチェンジ車両である新型新幹線「N700S」。2020年7月1日(水)に運転されるその1番列車は、東京発午前6時ちょうどの「のぞみ1号」博多行きになりました。

「のぞみ1号」は、東京を発車すると品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、福山、広島、小倉と停車し、終点の博多へは10時52分に到着します。

 N700Sの1番列車は、人が多く集まって「密」になることを避ける目的で、公表されていませんでした。

 また、7月1日(水)の朝6時15分に東京を発車する博多行き「のぞみ3号」も、N700Sによる運転です。

 今後、N700Sがどの列車で使用されるかは、東海道新幹線の運行情報を伝えるJR東海の公式Twitterで、運転前日に確認できます。