LCCのピーチが新型コロナウイルスの影響で運航規模を縮小していた国内線22路線、1日あたり約100便を全便復活させました。それだけではなく、コロナ禍のなか8月以降も、同社の国内線展開に積極的な姿勢を見せています。

8月に2路線開設 10月に成田拠点をT1に移管

 LCC(格安航空会社)のピーチが2020年7月22日(水)、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運航規模を縮小していた国内線22路線、一日あたり約100便を事業計画通りに戻しました。

 これに加え8月は国内線の増便を決定。当初の計画より12路線で572便増やすほか、新たに成田〜釧路線、宮崎線を開設します。

 10月25日(日)からはさらに、成田での事業規模拡大を踏まえ、拠点ターミナルを第3ターミナルから、ANA(全日空)などが使用する第1ターミナルに変更します。ピーチがバニラエアと合併した2019年10月26日以前の状態に拠点が戻る形です。

ピーチの将来 国際線やコロナ対策はどうなる?

 一方、国際線は各国の入国体制を踏まえながら最短で10月以降の再開を目指しているとのこと。ピーチの森 健明CEO(最高経営責任者)によると、国際線の復便には年単位の時間がかかると見込んでいおり、再開後したとしても当面は、便数などの規模を抑える方針です。

 このように国内線については積極的な方針をとる森CEOですが、空港や機内での新型コロナ感染予防に、利用者側の協力を呼び掛けています。

「これまで私たちも感染予防策に努めてきましたが、これからはお客様、旅先の方々と協力して徹底していくことが重要です。新型コロナとは長期戦となり、移動することを前提にした予防策が必要で、移動のあらゆる場面で徹底した感染対策をとらなければなりません」(ピーチ 森 健明CEO)

 なお、同日からピーチでは、事前予約のメールなどに「旅をもっと安全に楽しむための10のこと」と題した搭乗時のポイントを記載するなど、これまでの対策に加え、利用者の理解を深めるような取り組みも始めています。

 全便復活の第1便は関西午前7時00分発、鹿児島行きのMM191便でした。同日、成田では、鹿児島行きのMM557便で森CEOなどによる見送りが実施されています。