JALは75路線、ANAは99路線で影響が出ます。

 JAL(日本航空)は2020年8月7日(金)、ANA(全日空)は13日(木)、国内線の9月の運航スケジュールを発表。新型コロナウィルスの影響による航空需要減退の影響をうけ、2社ともに運航規模を8月期より縮小させる方針です。

 JALは、9月1日(火)から10日(木)までにかけ、計画比34%減となる2870便を減便予定。羽田〜伊丹線は15往復から最大9.5往復、羽田〜福岡線は最大17往復から13往復など、75路線で減便が発表されています。7日発表の8月期(7日から31日まで)の減便率は16%のため、運航規模が縮小されるかたちです。

 ANAは、9月1日から30日(水)までにかけ、計画比45%となる1万445便を減便。羽田〜新千歳線は16往復から最大11.5往復、羽田〜福岡線が18往復から最大14往復など99路線で減便が発表されています。8月期の減便率は約25%とされており、こちらも運航規模が縮小されます。