登場から35周年を迎えた伊豆急2100系電車「リゾート21」。基本的に普通列車として使われるものの、特急列車のような構造なのが特徴です。その人気の席や、展望席の見えやすい場所、オススメの車窓などを聞きました。

展望席は最前列ではなく

「各駅停車のスーパーカー」をコンセプトに、1985(昭和60)年の登場から35周年を迎えた伊豆急2100系電車「リゾート21」。基本的に普通列車として運転され、特急券やグリーン券なしで乗車できるにも関わらず、展望席や海側を向いた席など、普通列車らしからぬ装備と楽しさを持つのが大きな特徴です。

 人気の席は、やはり先頭車の展望席で、中間車両では海側を向いた席とのこと。

 多くの席から「運転士の視点」を楽しめるよう、階段状になった展望席。伊豆急ホールディングスの川口 良さんによると、特に前が見やすいのは、最前列ではなく前から3列目ぐらいだそうです。

「リゾート21」の展望席は、運転席と完全に仕切られていないため、運転士が信号などを確認する指差喚呼の声がよく聞こえます。「キビキビした動き、正確な喚呼でとても気持ちがいい」という声も寄せられるとのこと。

 普通列車として走る「リゾート21」の展望席は、予約不要ですが定員制です(24席)。急停車する可能性もあるなか、安全性を考えそうしているといいます(現在、新型コロナウイルス対策で、展望席前方は利用不可)。

通勤通学で「リゾート21」を利用している人はどう思う?

 およそ普通列車らしからぬ構造で、観光客に嬉しい伊豆急「リゾート21」。これを通勤通学で利用している人からも、乗り心地が良いし嬉しいといった声があるそうですが、弱点もありました。

 特急車両のように乗降用ドアの数が1両に片側2か所しかないため、混雑時は乗降に時間を要する場合があるのです。

 伊豆急線の車窓でオススメの場所も、伊豆急ホールディングスの川口さんに聞きました。

「片瀬白田駅と伊豆稲取駅のあいだで一番海に近いところを走り、伊豆七島がガラス越しに見えます。伊豆急線ナンバーワンのビュースポットです」

 伊豆急2100系電車「リゾート21」は、伊豆の特産品であるキンメダイをモチーフにした「キンメ電車」、終点の下田にちなんだ「黒船電車」、そして豪華観光列車にリニューアルされた「THE ROYAL EXPRESS(ザ・ロイヤルエクスプレス)」の3種類が現在、運行されています。