たっぷりのフライト時間と遊び心ある航路がポイントです。

 JAL(日本航空)は2020年9月2日(水)、遊覧飛行を目的とした成田発着の周遊チャーター「空たび 星空フライト」を9月26日(土)に実施すると発表しました。

 当日は成田空港を16時に出発予定。当日の航路は天候に応じて、小松(石川県)から土佐清水(高知県)、もしくは花巻(岩手県)から襟裳岬(北海道)を周遊。日の入りや夜景などを鑑賞し、20時ごろに成田空港に戻ってくる予定です。

 使用する飛行機は、エコノミーとビジネスの2クラスを配する、国際線仕様のボーイング767型機。当日はハワイ線での提供メニューをアレンジしたオリジナル機内食を食べられるほか、国際線で提供されるアメニティグッズやオリジナルの搭乗証明書などのプレゼントもあります。

 新型コロナウイルスの影響で海外渡航が難しくなっているなか、JALは「少しでもお客さまに旅行気分・非日常感を味わっていただきたい」とこのチャーターフライトを企画。1席あたりの利用料金は、1万5000円(エコノミークラス通路側・中央)から3万9000円(ビジネスクラス窓側)です。