いよいよ公開まであと9日と迫った、“埼玉県民の日”である本日14日(火)に、<映画『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』公開記念 埼玉の埼玉による埼玉のため大感謝祭>が開催中だ。

来場者へのお出迎え

“埼玉県民の日”を祝して豪華キャストが埼玉県内を『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』一色にすべく、イベントの第一弾として、「翔んで埼玉展 -埼玉の皆様、展覧会を作ってゴメンなさい。-」のオープニングセレモニーを実施。

セレモニーには、埼玉解放戦線メンバーの加藤諒(信男役)、益若つばさ(おかよ役)が揃って登壇した。

「翔んで埼玉展」の開幕をテープカットでお祝いし、映画や展覧会の見どころをアピールするとともに、来場者への「お出迎え」も行い、大感謝祭への初陣を大いに盛り上げた。

全国からの来場に期待

今年6月に本作のプロモーション第一弾として行われた行田市の田んぼアートイベントにも参加した二人。

「あれから約半年も経つんですね…!当時はGACKTさんを差し置いて、最初のイベントが僕らでいいのかなと思ってた」と懐かしむ加藤は、「今回こんな素敵な展覧会に参加させていただき、レッドカーペットも歩けるなんて!」と感動しきりの様子。

一方の益若も「埼玉解放戦線が作戦会議するアジトは、私たちも実際に撮影した場所なので思い入れが深いです」。

また「映画では一瞬ですが、この展覧会で皆さんにも埼玉解放戦線の気持ちになってほしいな」と展覧会の見どころとともに、全国からの来場に期待を寄せた。

皆さま油断せずに…

最後に、加藤は「ぜひ埼玉の皆さんに展示会にお越しいただきたいですし、埼玉以外の方にも埼玉の良いところが伝わるような作品なので、ぜひ映画を皆で広めていきましょう!」と力強くコメント。

益若は「続編は埼玉だけじゃなく色々な県がディスられているので、皆さん油断せずに気を付けてください!ぜひ劇場で大笑いしてもらえると嬉しいです」と、本作ならではの注意喚起を促し会場を笑わせた。

『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』

公開日:2023年11月23日(木・祝)全国公開

Ⓒ2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

配給:東映