14日、“埼玉県民の日”を祝して豪華キャストが、埼玉県庁オープンデーを記念した『翔んで埼玉』コラボイベントスペシャルステージに登場した。

ファンから大歓声

「県庁オープンデー」とは、埼玉県庁での日頃の仕事や埼玉県の魅力を伝えることを目的に、“埼玉県民の日”を記念して1日限定で県庁舎を開放し、ステージイベントや庁内各課等のブース出展を行う一大イベント。

今年のオープンデーには約21,000名が参加し、盛大な雰囲気に県庁全体が包まれる中、イベントに招かれたGACKTと二階堂ふみがコラボステージに登壇すると、会場に集まった約500名のファンからは大歓声が飛び交った。

『翔んで埼玉』が表彰第一号

イベント冒頭では、そんな二人に向け「広く県民に笑顔と感動をもたらせた感謝の意」として、埼玉県庁が新たに創設した「彩の国M.A.P(Most Attractive Player)」に、映画『翔んで埼玉』が表彰第一号となる旨を発表。

「埼玉県の映画」として公式に…

栄誉ある受賞に、意外にも今回が大野県知事と初対面となったGACKTは、「まあ、どんな内容であれ賞状というのは嬉しいものです。ありがとうございます」と感謝。

続く二階堂も「『翔んで埼玉』が、埼玉県民のおかげで多くの方に楽しんでいただけるエンターテインメントになったんだなと思います」と喜びのコメントを残した。

大野県知事は「中身はどうあれ、埼玉県をとりあげていただけるのはありがたい。“埼玉県の映画”として、公式に認めます!!」と声高に宣言。

埼玉の夜を照らす点灯式

また、コクーンシティで実施された「クリスマスイルミネーション点灯式」には、GACKT、二階堂ふみ、加藤諒、益若つばさら“埼玉解放戦線”の主要メンバーが揃って登壇。

解放戦線を率いるGACKTによる、「埼玉に光を!」の合図で煌々(こうこう)と埼玉の夜を照らした。

『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』

2023年11月23日(木・祝)全国公開

Ⓒ2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

配給:東映