「ワイルド・スピード」シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』。先日、前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(興収35.4億円)を超え、シリーズ最高の興収記録達成を果たした事でも話題となった本作が、ついに40億円を突破した!



16年間で興収規模は10倍にまで成長!



「シリーズ最高傑作」との呼び声高い本作は、公開8週目を迎えた今も繰り返し映画館へ足を運んでいるファミリーや、その口コミで本作からワイスピを鑑賞し始めた若年層などの熱に後押しされ、6月19日時点で累計動員:2,706,807人、累計興収4,002,740,700円を突破。



2001年の第1作目は興収4億円だった「ワイルド・スピード」シリーズだが、回を重ねるごとに新たなファミリーを次々に獲得し、興収規模は16年間で約10倍まで成長!「シリーズものは中々前作を超えられない」という映画業界の常識を<BREAK>した大ヒットを記録している。



さらに全米を除くインターナショナルの累計興行収入は10.13億ドル(約1131億円)を突破。『アバター』(20億ドル)、『タイタニック』(15億ドル)、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(11.65億ドル)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(11.31億ドル)、『ジュラシック・ワールド』(10.19億ドル)に次ぎ、インターナショナルの累計興収が10億ドルを超えた6番目の作品として歴史に名を刻んだ。


映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』

大ヒット公開中





監督:F・ゲイリー・グレイ『交渉人』『ミニミニ大作戦』『ストレイト・アウタ・コンプトン』

脚本: クリス・モーガン『ウォンテッド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※3作目以降全てを担当)

製作: ニール・H・モリッツ『アイ・アム・レジェンド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※シリーズ全作)、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォレスト

出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、カート・ラッセル、ヘレン・ミレン