17日、『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)第1話が放送された。



前回の2ndから7年経ち、月9に戻ってきた『コード・ブルー』。放送発表時から反響は大きく「この日を待ちわびていた」とTwitterでも期待の声が多かった。



藍沢(山下智久)、白石(新垣結衣)、緋山(戸田恵梨香)、冴島(比嘉愛未)、藤川(浅利陽介)という5人のドクター・ナースが帰ってきたが、「全く変わってない、全員美しい」という声もあり、役者陣の豪華さには思わずため息が出そうだ。



また、新人のフェロー役にHey!Say!JUMPの有岡大貴、成田凌、新木優子が加わっている。



救命の人手不足が深刻な中、緋山は産婦人科医から戻り、白石たちは新たにフライトドクターを目指すフェローたちの教育に努める。藍沢は脳外科医としての更なる高みを目指しており、新海(安藤政信)とトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかを争っていた。



夏祭りでの大規模な事故により、救命チームは現場へ向かう。だが人でが足りない中での緊急を要する患者の対応に白石は藍沢に助けを求める。クールな立ち振る舞いをしつつも、しっかり人を見ている藍沢は白石を指揮官に任命する。「現場には藍沢先生がいなきゃ」という他のドクターを代弁するような視聴者からの声が届いたのか、藍沢は救命に戻ることを決意するのであった。



『ボク、運命の人です』(日本テレビ系)に山下、『リバース』(TBS系)に戸田、『逃げるは恥だが役にたつ』(TBS系)に新垣と、最近話題性の高かったドラマに出演していたが、今回はそれぞれ全く逆の役どころだったため、「さすが実力派の俳優さんたち」「ギャップがすごい」と視聴者もびっくり。



「コードブルー」「ガッキー」「やまぴー」がトレンド入りするなど、注目度が高いことがわかる。特にロッカーでの着替えシーンでは「山P筋肉やべえ」「こんな医者どこにいるんだろう」「今回もサービスシーンに感謝」とファンは盛り上がった。



藍沢が救命に戻ったことによって、5人のドクター・ナースが揃った。これに伴い第1話放送後、ホームページのイメージ写真が変更され、5人とも救命着に変わっている。



緊迫したシーンが続いたこともあり、スピード感のあるあっという間の1時間30分で「やっぱりコード・ブルーはおもしろい」というツイートも多く見られた。次回以降も楽しみだ。