18日放送の『マツコの知らない世界』に、お笑い芸人の渡辺直美が登場する。「夜な夜な海外ゴシップから勇気をもらう女」として海外ゴシップの世界を語る渡辺は、スケールの大きい海外ゴシップの宝庫はインスタグラムだという。



写真から読み取る情報に、マツコ・デラックスも興味津々。渡辺が尊敬してやまない、海外セレブの生き方をポジティブに紐解いていく。



海外ゴシップといえば、ジョニー・デップなど、日本では映画を中心にしたスターに注目しがちだが、アメリカでセレブゴシップの話題となっているのは「カーダシアン家」と呼ばれるセレブ一家だ。



本当にお騒がせな「カーダシアン家」



日本の「大家族密着番組」の超セレブ版リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』。



アメリカを中心に人気を博しているカーダシアン家の「プライベート切り売り」ともいえるバラエティドキュメント番組の主な登場人物は以下の通りだ。



キム・カーダシアン

ミュージシャンのカニエ・ウェストを夫に持つキム・カーダシアン。パリス・ヒルトンの友人だったのが、恋人とのセックスビデオ流出事件で一気にアメリカの注目を集めた。



姉・クロエ、妹・コートニーとともに『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』というリアリティ番組で人気を博す。1億以上のフォロワーを抱えるInstagramではヌード写真も多数掲載、アンチも多い。



カニエ・ウェスト

キム・カーダシアンの夫、カニエ・ウェスト。2009年、MTVアワードに最優秀女性アーティストで受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ上に泥酔状態で乱入、「君(スウィフト)の受賞は本当に良かったけど、ビヨンセが史上最高のビデオを作った(アーティストの)1人だ」とマイクを奪って発言。オバマ前大統領も「ばか者」と発言するほど多方面からの批判を浴びたウェストは、その後自身の公式サイトなどで謝罪した。



キムとの間には長女ノース、長男セイントの2児がいるが、ノース・ウェスト(東北)というシャレ交じりの名前や、セイント(聖人)という、いわゆる“キラキラネーム”を付けて物議をかもしている。



クロエ・カーダシアン/コートニー・カーダシアン

「カーダシアン3姉妹」キムの姉・コートニーは2016年にジャスティン・ビーバーとの色恋沙汰が報じられるが、ジャスティンは否定。



キムの妹・クロエの元夫はNBAのプロバスケットボール選手のラマー・オドム。2007年に飲酒運転で30日間刑務所に服役することになったものの、「刑務所が混んでいる」という理由でたった3時間で釈放された。収監から釈放までの様子も『カーダシアン家の〜』で放送された。



ブルース・ジェンナー(ケイトリン・ジェンナー)

カーダシアン3姉妹の義理の父。オリンピックモントリオール大会の金メダリストで、2015年にトランスジェンダーを訴えて、性転換手術を行った。



名前も「ケイトリン・ジェンナー」と改め、Twitterアカウントを取得すると、約4時間で100万フォロワーを数えるなど注目を集めている。



ケンダル・ジェンナー/カイリー・ジェンナー

ブルース(ケイトリン)・ジェンナーとクリス・ジェンナーの間に生まれた、カーダシアン3姉妹とは異父妹。ケンダルはトップモデルとして活躍、カイリーはケイティ・ペリーの「Firework」のリップシンク(口パク)動画は180万回再生されている。



以上が主な登場人物だ。



登場人物の多さと異父姉妹というバックグラウンド、それぞれが持ち寄るトラブル…。最近では、カーダシアン3姉妹の弟、ロブ・カーダシアンの妻ブラック・チャイナと「カーダシアン」姓の商標登録を巡って争うなど、彼女たちを取り巻く人間関係も含めて話題に事欠かないセレブゴシップの中心地点になっているのが「カーダシアン家」なのである。