『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作『僕のワンダフル・ライフ』から、犬のピュアで一途な愛情に泣ける予告編が解禁となった。



ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。それ以来、1匹と1人は固い絆で結ばれていく。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう...はずが、彼の愛は不死身だった!ベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く...。





予告編は、ゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーの姿から始まる。イーサンを愛し、イーサンに愛されることが何よりの喜びであり、ずっとイーサンの側にいたいと願うベイリーだが、それは叶わぬ願いだった…。



しかしベイリーは、もう一度イーサンに会うために、何度も生まれ変わる。ようやく3度目でイーサンとの再会を果たすベイリーだが、イーサンはベイリーだと気づくのか...?「この世界に君がいて僕がいる。ただ今を一緒に生きる!」そんなベイリーのけなげな姿に心奪われ、犬と人間だからこそ築くことのできる“絆”とベイリーが注ぐ“無償の愛”に涙なくしては観られない映像は必見だ。



独創的なスタイルと実績から、満場一致で本作の依頼を受けたというハルストレム監督は、本作について「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは、犬はカメラ目線で喋らないということ。この作品のおかげで、僕は生まれ変わりという考えにすっかり引き込まれてしまった。でも、実際に生まれ変わる可能性があるかどうかなんて誰にもわからない。要はこの世界で起こっている、理屈で説明のつかない魔法のような出来事に対してオープンでいようということだ」とコメントを寄せている。


映画『僕のワンダフル・ライフ』

9月29日より日本公開



監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』

原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)

出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド with ジョシュ・ギャッド

配給:東宝東和