7月29日より公開となる映画『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』から、7月20日のハンバーガーの日にちなんで、30秒で最高のバーガーを提供する、カルフォルニアのマクドナルド1号店の特別映像が公開となった。



サラリーマン人生も半ばを過ぎた50代のレイ(マイケル・キートン)が、マック&ディック兄弟のマクドナルドと出会い、その革新的なシステムに商機を見出し、手段を選ばない資本主義や競争社会の中でのし上がっていく姿を描く本作。





1950年代当時のマクドナルド店内を、まるで疑似見学しているかのような本映像では、マック&ディック兄弟が考案した<スピード・サービス・システム>を解説。いかに効率良くバーガーを提供できるか熟考を重ね、ケチャップが適量で出る器具の発明や、テニス・コートで社員たちと一日中流れや配置を決めてオートメ―ション化していく様など、飲食店とは思えない風景を映し出す。



レイを演じたキートンは「マクドナルド兄弟のアイデアはすべてを変えたんだ。兄弟はものすごいものを考案したが、レイが見たのはもっと大きい可能性だ。兄弟だけじゃ小さな成功だ。クロックが見いだした可能性は無限だった」と感慨深そうに語っている。果たして、レイが見た“もっと大きい可能性”とは何なのか?その真相は、ぜひい劇場で見届けてほしい。


映画『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』

7月29日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国公開





監督:ジョン・リー・ハンコック

脚本:ロバート・シーゲル

出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン

2016年/アメリカ/英語/カラー/115分/原題『The Founder』

提供:KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン、テレビ大阪

配給:KADOKAWA