11月25日から公開する、三浦しをんが原作・大森立嗣が監督、井浦新が主演を務める映画『光』から、物語の不穏な空気を予感させるポスタービジュアルが到着した。



『光』は、『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群において、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている作品。『さよなら渓谷』や『まほろ駅前』シリーズで知られる大森立嗣監督の手により、ついに映画化となった。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太が見せる狂気と怪物性、そして長谷川京子や橋本マナミの色気と母性が熱情を放つ、苛烈なる人間ドラマがここに誕生した。



完成したポスタービジュアルに映し出されているのは、4人の登場人物。生まれ育った東京の離島・美浜島を離れ、大人になり美しい妻と可愛い娘と、どこにでもある幸せな家庭を手にし、平穏に暮らす信之(井浦新)。その信之の元に25年ぶりに現れ、島で起きたある秘密をほのめかす幼馴染の輔(瑛太)。島で暮らしていたころ信之と交際し、そして大人になった今、東京で女優として大きな成功を収めている美花(長谷川京子)。夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子(橋本マナミ)。そして4人が囲む中央には「僕たちは人間のふりをして生きている」というショッキングなコピーも...。25年前に離島で起きた事件が、再び動き出す。物語の不穏な空気を予感させるポスタービジュアルには、公開に向けて期待が高まる。


映画『光』

11月25日より公開





井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ 南果歩 平田満

監督・脚本:大森立嗣

原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)

音楽:ジェフ・ミルズ

配給:ファントム・フィルム