全世界で約558億円を稼ぐという、とてつもない大ヒットを飛ばした映画『THE BOSS BABY(原題)』が、2018年春に日本公開することが決定。併せて、主人公ボス・ベイビーの姿を捉えたビジュアルと、超特報も解禁された。



マーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」(講談社刊)に着想を得た本作では、『SING/シング』などの大ヒット作を生み出してきたユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などで知られるドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを結成。監督は、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラスが務めた。





パパとママ、7歳のティムからなる3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩くけれど、見た目は赤ちゃんの主人公ボス・ベイビー。ティムの弟として迎え入れられた彼は、見た目は赤ちゃんながら、知能は大人という不思議な存在だ。劇中では、最初は反発し合っていたティムとボス・ベイビーが、世界を揺るがす巨大な陰謀に挑むことになる。



公開された超特報の中で、ボス・ベイビーは喃語を喋る可愛らしい赤ちゃんとして映し出されるが、突然こちらを振り向き、渋すぎる顔と声で「お前ら今 思っただろう」とタメ口で視聴者に質問。続けて勝手に自問自答を始めたかと思えば、おむつ論を熱く語り、最後には「ボスはオレ!」と高らかに宣言。その可愛らしくも憎たらしいコミカルな姿には、思わず笑みが浮かんでしまう。


映画『THE BOSS BABY(原題)』

2018年春公開



監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ

キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか

原題:THE BOSS BABY

配給:東宝東和