マイルズ・テラーが、実在する伝説のボクサーを演じた『ビニー/信じる男』(7月21日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開)から、テラーを世界的な俳優に押し上げた名作『セッション』とのスペシャルコラボ映像が到着した。



世界チャンピオンに輝いた直後に交通事故で瀕死の重傷を負い、歩けるようになることも不可能と言われる中、自分を信じてトレーニングを重ね、頂点へのカムバックを目指した“伝説のボクサー”、ビニー・パジェンサの実話を、巨匠マーティン・スコセッシの製作総指揮で映画化した本作。



主人公ビニーを演じたテラーが、俳優としてその名を轟かせたのは、2015年公開の『セッション』でのこと。彼はJ・K・シモンズが演じた鬼教師の指導に食らいついていくドラマーを熱演し、一躍脚光を浴びたのだ。そんなテラーは、『セッション』でコンビを組んだデイミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』への出演オファーを受けていたが、それを断り本作への出演を熱望。8か月間にも及ぶ過酷なトレーニング、マイナス13キロの徹底した役作りを経て、“伝説のボクサー”ビニー・パジェンサを演じ切った。





今回、テラーが2人の男を熱く演じる姿を切り取った、本作と『セッション』のスペシャルコラボ映像が到着した。コラボ映像は『セッション』でのマイルズ演じる主人公の度を越えたドラム練習の様子から始まり、出血した拳を冷やすシーンから『ビニー/信じる男』の本編映像へと続く。



首を骨折するという、選手としてはおろか、生命すら危うい状況から再びカムバックを目指したビニーを自らに憑依させたテラーの演技は、『セッション』でのパフォーマンスに勝るとも劣らない“狂気”をまとっており、思わず引き込まれてしまう。果たして、選手生命を絶たれたと思われていたビニーは、見事なカムバックを果たすことができるのだろうか?気になる物語の結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『ビニー/信じる男』

公開中





監督・脚本:ベン・ヤンガー『マネー・ゲーム 株価大暴落』

製作総指揮:マーティン・スコセッシ『沈黙‐サイレンス‐』

出演:マイルズ・テラー『セッション』、アーロン・エッカート『ハドソン川の奇跡』、ケイティ・セイガル『ピッチ・パーフェクト2』、キアラン・ハインズ『沈黙‐サイレンス‐』、テッド・レヴィン『シャッターアイランド』

提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA

配給:ファントム・フィルム

原題:BLEED FOR THIS/2016年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/117分/日本語字幕:林完治