少女漫画を代表する純愛名作コミックとして広く親しまれ、7年間に渡って別冊マーガレット(集英社)で長期連載した、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック『先生!』の実写映画が、10月28日より全国公開となる。『僕等がいた』以来5年ぶりに“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真と、映画界にひっぱりだこの若手女優・広瀬すずが初共演を果たし、副題を加えたタイトルを『先生! 、、、好きになってもいいですか?』とした本作から、本予告編映像が初公開。併せて新ビジュアルが解禁になった。



ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田斗真)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする純粋でまっすぐな女子高生・響(広瀬すず)が織りなす恋を描く本作。スピッツ描き下ろしの主題歌「歌ウサギ」の優しい旋律が印象的な予告映像は、初恋に葛藤しながらも自分の想いに真っ直ぐ向き合おうとする響の姿を映し出す。また、教師と生徒の立場から響の想いを頑なに拒むものの、まっすぐに想いをぶつけてくる彼女の姿に次第に心が揺れ動いていく伊藤の姿も...。2人の想いが交錯する中、ある出来事がきっかけで、伊藤は教師を続けられなくなるかもしれない事態に陥ってしまうのだが―。



予告映像には、「振り向いてもらえなくても、今は一番好きな人を好きでいたい」と響が涙を流しながら吐露する胸が締め付けられるようなシーンや、伊藤が手作りウェディングドレスを着た響に思わずキスしてしまう胸キュンシーンなど、初恋のときめきや切なさがいっぱいに詰まっている。さらに、切なくも加速する二人の恋を中心に、響の恋を応援する親友・浩介(竜星涼)と千草(森川葵)、響に密かに恋心を抱く藤岡(健太郎)らが抱える様々な想いが交錯していくことも伺える。



⇒動画はこちら https://youtu.be/xkpEXPbWQ1I



伊藤を演じた主演の生田は、「三木(孝浩)さんが作る画の力はすごく大きいので、自分の役の整理として『こうしたい』という部分を押し通すのではなく、三木さんの思い描いている一枚のきれいな写真みたいなものにはまっていったほうが美しいものになる」と自信のコメント。果たして、響の人生初めての恋は、教師と生徒という大きな壁を超えることができるのか?



予告映像とともに、響のウェディングドレス姿も初公開。先日公開となるや、SNS上でも大反響となった凛々しい弓道着姿とは打って変わって、等身大のあどけない表情が印象的な響からは、一度でも恋したことがある人であれば誰もが共感するであろう、初恋のもどかしさが感じられる。



(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会




映画の公式サイトでは、そんな大人と子供のあいだで揺れ動く響と、教師と生徒の間で揺れ動く伊藤の二人の想いが交差する中、伊藤が優しく響に唇を近づける本ポスタービジュアルも公開。本作で初共演となる生田と広瀬が醸し出す、焦れったいほどの絶妙な空気感が漂う一枚には、公開に向けて更に期待が高まること請け合いだ。


映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

10月28日(土)全国公開



原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)(※1996年〜2003年) 

主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 

監督:三木孝浩

脚本:岡田麿里

出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ

製作:映画「先生!」製作委員会

配給:ワーナー・ブラザース映画