ジャック・ドゥミ監督の名作『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』を彷彿させる、カラフル&ポップで小粋なフレンチ・ミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』(9月23日より日本公開)。本作から特報とポスタービジュアルが到着した。



完成した予告編は、その腕に誇りを持った靴職人たちと、金儲け主義の雇い主との攻防が繰り広げられる様子を、主人公の恋模様も交えつつ、軽やかで楽しげな音楽とダンスで映し出している。そのカラフル&ポップな世界観は、正当なミュージカル映画として、今年大ヒットした『ラ・ラ・ランド』や『美女と野獣』のように、華やかなエンターテイメント性を感じさせる。





一方のポスタービジュアルは、イラストレーターの山本由実が手掛けたもの。アイデンティティとプライドを守るために立ち上がる靴職人の女たちの姿や、劇中で象徴的に使われる赤い靴を手に、自分らしく生きることを求めて思い悩むジュリーの様子が描かれている。ポップな映画にぴったりの、とびきりお洒落なポスターは必見だ。



監督は、本作で長編デビューとなるポール・カロリとコスティア・テスチュ。主人公ジュリーは『EDEN/エデン』のポーリーヌ・エチエンヌが演じ、ジュリーの恋の相手となるドライバーのサミーには『メルニモンタン 2つの秋と3つの冬』のオリヴィエ・シャントローがふんする。



軽やかで楽しいミュージカルの裏には、若年齢層の失業率が日本の5倍とまで言われるフランスの現状も垣間見える。現在、特集上映も行われているドゥミ監督の『都会のひと部屋』にも見受けられる労働者の反乱をミュージカル・タッチで描いた本作には、社会派作品としての側面もあるのだ。


映画『ジュリーと恋と靴工場』

今秋9月23日より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて公開



脚本・監督:ポール・カロリ、コスティア・テスチュ

出演:ポーリーヌ・エチエンヌ『EDEN/エデン』、オリヴィエ・シャントロー『メルニモンタン 2つの秋と3つの冬』、フランソワ・モレル『ゼロ時間の謎』 ほか

提供:ギャガ、ロングライド

配給:ロングライド

サウンド・トラック:ランブリング・レコーズ