ルパン史上初のMX4D(R)として話題を呼んだ『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D(R)版』の公開。このたび、あの大傑作『ルパンVS複製人間(クローン)』が39年ぶりにシリーズ初の4Kリマスター化+5.1chデジタルサウンド化&MX4D(R)版として上映されることが決定した!



あのバイクでの逃走劇に、大型トレイラ―とのカーチェイスも…



1978年にアニメ「ルパン三世」の劇場用長篇第1弾として公開された本作は、ルパンの処刑から始まる衝撃のオープニング、謎の怪人マモーとの『賢者の石』をめぐる壮絶な戦いで、ルパンファンの心を掴み、宮崎駿監督の『ルパン三世 カリオストロの城』と人気を二分する大傑作と謳われている名作。



ピラミッドからのバイクでの大逃走劇、スピルバーグの『激突!』を彷彿させる超大型トレーラーとのカーチェイスなど…名シーンの数々は、シートの動き、振動、風、ストロボなどの特殊効果によって臨場感を演出する最新の体感システムであるMX4D(R)版と見事にマッチ! さらに、監督である吉川惣司の監修によるMX4D(R)化とファン待望の仕様でスクリーンに登場する。公開当時はモノラルだった音声は最新技術により大迫力の5.1chデジタルサウンドに生まれ変わった。



シリーズの中でもハードさが際立つ、ルパン・次元・五ェ門たちのアクションにもっともセクシーな峰不二子! シリーズ随一のハードなアクションシーンの5.1chデジタルサウンド&MX4D(R)体験をお見逃しなく!



『ルパンVS複製人間』

『ルパンVS複製人間』/モンキー・パンチ (C)TMS



映画『ルパンVS複製人間(クローン) MX4D(R)版』

2017年9月1日(金)全国のMX4D(R)スクリーンにて公開!!



【ストーリー】

不二子からの依頼、いつもと変わらないやり取りのはずだった…。永遠の命が与えられるという伝説の「賢者の石」をエジプトのピラミッドから盗み出したルパン三世。だが、不二子はルパンから賢者の石を騙し取り、ある依頼人のもとに去ってしまう。依頼人の名前は“マモー”。マモーは1万年もの間、「神の実験」と称してクローン技術を駆使し自身のクローンを作り続けてきた複製人間だった。自らを「神」と名乗るマモーは、ルパンに不老不死の話を持ちかけるがルパンは相手にしなかった。自分の崇高な理想を理解しないルパンに怒ったマモーは、再びルパンたちの前に現れ、人知を超えた能力で不二子を連れ去ってしまう。圧倒的な力の前に戦意を失くしてしまった次元の制止を振り切り、単身マモーの元へ向かうルパン。すべての謎の答え、そして「賢者の石」を使って行おうとするマモーの野望が明らかになったとき、ルパンとマモーの決戦の火ぶたは切られるのだった。ルパンVSマモー 世界史を塗り替えるのは、どっちだ!?



【声の出演】

ルパン三世:山田康雄

峰不二子:増山江威子

次元大介:小林清志

石川五ェ門:井上真樹夫

銭形警部:納谷悟朗

マモー:西村晃



【STAFF】

原作:モンキー・パンチ

監督・MX4D(R)監修:吉川惣司

脚本:大和屋 竺 / 吉川惣司

監修:大塚康生

レイアウト:芝山努

作画監督:椛島義夫 / 青木悠三

美術:阿部行夫

撮影:黒木敬七

録音:加藤敏

編集:相原義彰

音楽:大野雄二

美術:小林七郎

製作・著作・配給:トムス・エンタテインメント



原作:モンキー・パンチ (C)TMS