『ダークナイト』、『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が、実際に起きた史上最大の救出作戦を描く、大傑作『ダンケルク』が9月9日(土)より日本公開! このたび、世界47カ国初登場NO.1の本作をひっさげ、クリストファー・ノーラン監督の来日が決定した!



ノーランから日本のファンにコメントも到着!



公開3日間で世界興行収入1億ドルを超え、世界47カ国でオープニング成績初登場NO.1を獲得した本作。米批評家サイト"Rotten Tomatoes"のファーストレビューでは、『ダークナイト』の94%超える批評家評価98%の満足度を叩き出し(※7月18日時点)、「オスカー候補となるべき今年No.1の映画。(Variety)」、「ノーラン最高傑作。(The Guardian)」など、早くも2018年のアカデミー賞(R)最有力候補の大本命として各海外メディアが一斉に報じた。そんな中、監督・脚本・製作を務めたクリストファー・ノーランの来日が決定! 妻として、そして長編デビュー作からプロデューサーとして長年パートナーを組んでいるエマ・トーマスと共に、8月23日(水)〜25日(金)と3日間に渡ってプロモーションに当たる予定だ。



今回の来日についてノーラン監督は、「映画『ダンケルク』は、史実を知らない人にとっては、強烈な体験になるはずです。この並外れた物語を、究極のタイムサスペンスとして描きました。観客たちを戦場に引きずり込み、息もつけない緊迫の状況に追い込む、最高の映像体験になると思います」と日本のファンに向けコメントを寄せ、「最新新作での来日が実現して嬉しく思っています。数年ぶりなので、とても楽しみにしています。時間があれば、列車で京都にも行きたいです」と親日家ぶりもアピール。来日は2010年の『インセプション』以来7年振り4度目。キャンペーン中は、ノーラン自身がこだわるフィルム上映によるジャパンレミア試写会、ノーラン最高傑作の評価を受けた本作を語る記者会見や、ノーラン・ファンイベントの開催も計画している。


映画『ダンケルク』

9月9日公開





監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン

出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ ほか