デンマークが誇るイェスパ・W・ネルスン監督作品『きっと、いい日が待っている』がいよいよ、8月5日(土)にYEBISU GARDEN CINEMA他にて公開。このたび、坂上忍、萬田久子、石原良純、鳥越俊太郎、綾戸智恵ら各界の著名人からコメントが到着した!



>【フォトギャラリー】場面写真をもっとみる



強制暴力・薬物投与問題の裏側にあった奇跡とは…





幼い兄弟の絆が、希望となって周囲に勇気を与えていく本作は、1967年のコペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の実話を映画化した感動作。本作の〈兄弟の絆〉〈少年たちの勇気〉〈子供の持つ可能性〉といったメッセージが大きな反響を呼んでいる…。



坂上忍(俳優)

生まれる国を、家を、親を選べない子供達

でも、彼らは負けない

愛する心を失った大人達になんか、負けるはずがないんだ!

子供達の声を聴きましょう

子供達を抱き締めましょう

子供達を、愛しましょう

そしたら、きっと、必ず、いい日が来るから…

子供達を見守りましょう

子供達を見習いましょう

子供達を、愛しましょう

そしたら、きっと、必ず、いい日が来るから…



萬田久子(女優)

やるせない腹立たしさを、小さな巨人たちは小気味良いパンチで次々にやっつけてくれた。不思議な爽快感!!

奴等は可愛い子供達の笑顔を見たいと思わないのだろうか!?

夢をもつことで無限に広がるFantasy を教えられた。



石原良純(俳優・気象予報士)

夜空に輝く月が、二人の兄弟に暴力に立ち向かう勇気を与えた。

どんな境遇にあろうとも、顔を上げて空を見上げよう。

その先には、きっと何かがある。



鳥越俊太郎(ジャーナリスト)

福祉の先進国と思われているデンマークの少年教育施設で起きた実話だ。

目をそむけたくなる程の虐待の中で希望と勇気を持ってひたむきに生きる13歳と10歳の兄弟。

涙せずにはいられない感動の終幕が待っている。



綾戸智恵(ジャズシンガー)

あんだけ虐待して何の得あんの?

いや今回の注目はココやなく、現実型の兄と夢男な弟の足跡や。

2 人の共通点は母の死でよけい強くなる相互愛。

最後の行動は逃避や怒りでなく兄は弟を、弟は兄を。互いの愛。

だからいい日まで行き着いた!



吉田兄弟 兄・良一郎(津軽三味線奏者)

2人だからここまでこれた。

兄弟だから続けてこれた。

僕たちも!!

家族、兄弟の絆が奇跡を生み、勇気をあたえてくれる!!

信じたい。



吉田兄弟 弟・健一(津軽三味線奏者)

過酷な環境の中、希望を捨てなかった二人の兄弟。

悲しみのどん底で、彼らが選んだ最後の手段。

作品を観終わった時、何か背中を押されたような、そんな気持ちになりました。



米村でんじろう(サイエンスプロデューサー)

アポロの月面着陸をテレビ中継で私も見ていました。

同じ瞬間を過ごした世界の裏ではこのような歴史があることは衝撃でしたが、

小さな兄弟の勇気ある行動に、施設のまわりの友達が立ち上がったように、この映画を見て一歩を踏み出せる人もいることでしょう。



前田航基(俳優)

大人になるにつれて殻に篭っていく。

この兄弟は何も恐れず周りの環境に正面から苦しみ悩みそれでも決して揺らぐことなく希望を持ち続ける。

そんな単純だけどいつの間にか置いて来てしまったことに気づかされる映画だった。



>【フォトギャラリー】場面写真をもっと見る


映画『きっと、いい日が待っている』

2017年8月5日(土)YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開



【STORY】

1967年、コペンハーゲン。労働者階級家庭の兄弟、13 歳のエリックと10 歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していた。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまう。弟のエルマーは病を抱えながら宇宙飛行士になるという夢を持っており、エリックは複雑な思いを抱いていた。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまう。悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが…。



コペンハーゲンのゴズハウン少年養育施設を中心に子供に対する強制暴力・薬物投与問題調査が21世紀になって行われ、2000年代半ばに公表された報告書を基に本作は製作された。当時、養育施設における暴力は“しつけ”の範囲を口実に問題とされず、現在、当時の子どもたちが告発し、その国家的謝罪を求めている。



監督:イェスパ・W・ネルスン

出演:ラース・ミケルセン(「SHERLOCK」「THE KILLING/キリング」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)、ソフィー・グローベル(「THE KILLING/キリング」)、ハーラル・カイサー・ヘアマン、アルバト・ルズベク・リンハート他

2016 年/デンマーク/デンマーク語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/119 分/PG12

原題:Der kommer en dag

英題:The day will come/翻訳:中沢志乃

配給:彩プロ