トム・クルーズを主演に迎えて贈る、アクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日(金)より全国公開。このたび、この度、トム・クルーズが自ら提案したという、無重力空間での圧巻の飛行機墜落寸前映像が到着した!



実際の旅客機で放物線飛行16回!?



謎の地下空洞で発見した巨大な棺を輸送中、突然大量のカラスが窓を突き破り、パイロット達は絶命。ジェニー(アナベル・ウォーリス)を引っ張り後部に戻るニック(トム・クルーズ)だが、やがて飛行機はコントロールを失い無重力状態に…!







ニックの助けでなんとかパラシュートを背負うジェニー。爆発により機体に穴が空き、同乗していた兵士達は次々に投げだされる。パラシュートを開きジェニーを脱出させるニック。しかし、パラシュートのないニックは、墜落する飛行機の中で叫び声をあげるのだった…。果たしてニックの運命はいかに…!?



本作の重要なポイントとなるこの無重力状態のシーンのアイディアはトム・クルーズからの提案だった。トムは本シーンについて「直感的で肌で恐ろしさを感じられるシーンを目指した。観客をいかにドキドキさせる事ができるかというのが僕らの一番の目標だった。物語の展開でも、キャラクターでも、肉体的なアクションでも、観客を楽しませる事が僕の最大の目的なんだ。その目的達成を目指して無重力状態のシーンが生まれたんだ」と振り返っている。



本シーンをつくりあげるにあたり、映画製作では史上初となるフランスのボルドーを拠点とするノヴァスペース本社で撮影が行われた。実際の旅客機であるエアバスA310が飛行し、40人のキャストとスタッフは機内で無重力状態を体験したそうで、2日間にわたって1日2回、キャストとスタッフは2時間で16回の放物線飛行を行った。アレックス・カーツマン監督は「この映画のセットでは、細部にわたるまで非常にきめ細やかな職人の技が反映されていた」と称賛!アナベルは「何カ月もの間、パッドを詰めた部屋でスタントのトレーニングをし、体を慣らしていったの。ダンサーのようにしなやかに動く必要があった。そうすれば、セットのリグでも本物の無重力の状態でも、自分の思う方向に進むことができるの」と今回の撮影に挑んだ際の意気込みを語っていますが、実際の撮影はかなりハードだったようで「生き抜くのに必死だったわ!まず、それだけね(笑)一生、忘れられない経験になった」と振り返っている。


映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』

2017年7月28日(金) 全国ロードショー





監督:アレックス・カーツマン

プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル

エグゼクティブプロデューサー:サラ・ブラッドショウ

脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー

出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス/ラッセル・クロウ

配給:東宝東和