29日、NMB48の木下百花が、チームMの公演「アイドルの夜明け」で卒業を発表した。



木下は「NMB48に入って、ずっと考えてきた事があり、1人で決断して1人で歩いて行こうと思ったのでメンバーの誰にも言いませんでした」と、昨日放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で最後のお披露目となった須藤凜々花と同じく、単独で卒業を決めたことを明かした。



NMB48の1期生として加入した木下。アイドルらしからぬふるまいが多かったものの、親近感を持たれていただけに、Twitterでは「まじかよ。 驚きを隠せません」「これが木下百花なんや!!」と驚きつつも彼女のキャラクターに好感を寄せるツイートがみられた。



また、「ももかって難波の顔といえるメンバーの1人やと思うしダメージは大きいよなー。 踏ん張りどころですな」と、山本彩含め、NMB48の今後を気遣うツイートも見られた。



なお、卒業後の予定は未定という木下だが、「今後も自己発信していけたらと思っています」と、何らかの形で公の場に姿を現す意思があることをほのめかしている。