福士蒼汰が主演を務める、同名大ヒットコミックシリーズの実写映画『曇天に笑う』の公開が、2018年3月21日(水・祝)に変更となった。併せて、本作の初映像である特報・幕間映像が遂に解禁となった。



原作は、2011年のコミック連載開始から、その魅力的なキャラクターたちの姿によって、10代〜20代の女子を中心に熱狂的なファンを獲得し、2014年にはTVアニメ化が実現。そして2015年からは舞台化も行われている。物語の舞台は、明治初頭の滋賀県大津。中心となるのは、国の平和を守ることを生業とする曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)の長男・天火(てんか)、次男・空丸(そらまる)、三男・宙太郎(ちゅうたろう)だ。そして、国を守る番犬である右大臣直属部隊・犲(やまいぬ)のリーダー・安倍蒼世(あべのそうせい)や犲隊員たち、抜け忍で曇家の居候・金城白子、忍び唯一の生き残りである風魔一族の長・風魔小太郎ら強く美しく戦う男たちが多数登場し、それぞれの運命に挑んでいく。



豪快で明るく強く、村人にも愛されるカリスマ的な長男・曇天火(くもうてんか)を演じるのは、福士蒼汰。本作で時代劇映画の初主演を果たし、体当たりでアクションシーンにも挑戦。次男・空丸役は中山優馬が演じ、三男・宙太郎役には若山耀人がキャスティングされた。この三兄弟を軸に、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹ら、人気急上昇中のイケメンキャスト陣の共演に、原作ファンからも期待が寄せられている。



解禁されたのは、特報と劇場幕間映像の2種類。国の平和と弟たちを守るために戦う主人公・曇天火の華麗なアクションシーンが<初>のお披露目となった。さらに、次男・空丸役の中山をはじめ、三兄弟とともに、国に災いをもたらす「大蛇(オロチ)」の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」の隊員を演じる古川、大東、小関、市川、加治、そして桐山といった今最も旬なイケメンキャスト陣がド派手に戦う姿も初公開。運命に挑む男たちがド派手に戦い、ド派手に笑う、アクション・エンターテインメント大作としての期待が高まる映像となっている。






映画『曇天に笑う』

2018年3月21日(水・祝)公開



原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝

監督:本広克行

脚本:高橋悠也

出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人

配給:松竹