主演に福山雅治を迎え、是枝裕和監督がオリジナル脚本で描く最新作『三度目の殺人』が9月9日(土)全国ロードショー。7月31日、東京・六本木TOHOシネマズにて本作の完成披露試写会が実施され、主演の福山はじめ、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、そして是枝裕和監督が登壇した。



>【フォトギャラリー】写真をもっとみる



吉田鋼太郎「目も合わさない、一言もしゃべらない…」



吉田鋼太郎

吉田鋼太郎




勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。 容疑者は、二度目の殺人を犯した男・三隅(役所)。三隅の供述は会うたびに変わり、 動機は一向に見えてこない。やがて浮かび上がってきたのは、被害者の娘・咲江(広瀬)の存在だった…。



劇場に詰めかけたファンの前に登場した豪華キャストたち。福山は「関係者以外の方にこの映画を見ていただくのは初めてなので、すごく楽しみです…ぜひ、ラジオ等に感想のメールを送っていただければと思います(笑)」とファンの声援に応えた。一方で役所は「マシャとスズの歓声の間を歩いてくる寂しさってのは…ないですね(笑)」と自虐しながらも「映画には好き嫌いがありますが、僕はこの映画大好きです。ぜひ、楽しんでいただきたいです」と挨拶すると会場からは「コウジー!」と歓声が上がった。



そんな福山について初共演だった吉田は、初対面での第一印象は“嫌なヤツ”だったことを明かした!?「福山さんとは初共演なんですが。最初の本読みで、目を合わしてくれなかった、一言も口もきいてくれなかったんです。挨拶も『おあはざます…。』みたいな感じで。その時は、これから2か月撮影するのはたまったもんじゃないなと思ってましたね(笑)。それ以降は全くそんなことはなかったので、おそらくですが、初対面すごい緊張してらっしゃいました?」と福山に質問。福山は当時について「50に近づいて言うのもなんですが…基本人見知りなんですよ(笑)。でも、僕の中でも『あ、多分、鋼太郎さん本当は人見知りなのではないかな…』と思って“人見知りシンクロ”してました(笑)」と極度の人見知りであることを明かした。そんな吉田も「実は僕もなんですよね…だからお互いに"一言もしゃべらない現象”が起こっていたんですね(笑)」と初対面で緊張しすぎて、全く喋れなかったことを明かした。



そんな、人見知りのふたりとの共演シーンが多かった満島は、「こういう間に挟まれていたんですが、たのしかったんですよ!」と嬉々とした様子。「タクシーの後部座席に3人で座るシーンがあるんですが、堪らないですよね。こんな濃いメンバーと…もうなんか、どうやって息をすればいいか? わからなかったです!」と豪華キャストとの共演に興奮気味の様子だ。そんな満島について、福山は「みんな思ってると思うけど…あなたが一番濃いよ(笑)。僕たちは薄味な方ですからね!」とツッコミ。満島も「こんなシリアスな作品でしたが、セットの裏『ウワ―――』って走り回っていましたからね(笑)」と思い返し、会場を沸かせた。



本作で『そして父になる』以来、2度目のタッグとなる福山は是枝監督とのタッグについて「驚きの連続なんですよね。監督自身も本作では“捜索の森の中”にいるようで、監督自身の闘いを間近で見て、ハラハラしながらも出来上がったものを観たら素晴らしかったです。予定調和ではない、おどろきと発見の連続。より奥行きと鋭さが増したような印象を受けました」とコメント。また本作については、「とても文学的でありながら、ひとりひとりが参加できるエンターテイメント性があります。自分だったらどう思うか、誰のキャストに近い感情なんだろうか? 存分に楽しんでいっていただければと思います」とアピールした。



映画『三度目の殺人』

映画『三度目の殺人』




>【フォトギャラリー】写真をもっと見る



(取材・文/nony)


映画『三度目の殺人』

2017年9月9日(土)全国ロードショー





監督:是枝裕和

出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功

配給:東宝・ギャガ