9月9日に全国ロードショーを迎える映画『散歩する侵略者』から、主人公である加瀬鳴海を演じた長澤まさみのナレーションを収めた最新予告映像が解禁。また、第50回シッチェス・カタロニア国際映画祭へ特別招待作品として出品されることも、併せて発表された。



主人公演じる長澤まさみが〈切ない愛のメッセージ〉を表現する新予告映像





解禁となった新予告映像は、主人公・加瀬鳴海(長澤)と夫の加瀬真治(松田龍平)が過ごす穏やかな日常を映し出すものの、ある日突然、真治が別人のようになってしまったことで、日常が「異変」に巻き込まれていく様子も描いている。一方、一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、侵略者と名乗る謎の若者・天野(高杉真宙)と立花あきら(恒松祐里)に出会い、行動を共にする中で、同じく世界の混乱に翻弄されていくことに。同時に描かれる二つの物語は、次第に引き寄せられ、事態は思わぬ方向へ。映像では、鳴海を演じる長澤がナレーションを担当。「世界が終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい」という〈切ない愛のメッセージ〉が印象的だ。



第50回シッチェス・カタロニア国際映画祭《特別招待作品》として正式招待が決定!



また、現地時間10月5日より開催されるスペインの【第50回シッチェス・カタロニア国際映画祭】へ《特別招待作品》として正式招待されることも決定した。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品に続き、世界21カ国での公開が決定している本作は、各国の映画祭を含め、国内外から高い期待を寄せられているようだ。


映画『散歩する侵略者』

2017年9月9日(土)全国ロードショー





監督:黒沢清

原作:前川知大『散歩する侵略者』

脚本:田中幸子 黒沢清

出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己

製作:『散歩する侵略者』製作委員会

配給:松竹 日活