10月13日に日本公開する『猿の惑星』シリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記』。本作に登場する、ユーモアと知性を秘めた猿バッド・エイプの日本語吹替え版声優を、柳沢慎吾が務めることが決定した。



カリスマ的な主人公のシーザーが、最愛の家族を殺害されるという悲痛なエピソードで幕を開ける本作。軍隊を統率する敵の冷酷非情なリーダーである大佐への憎悪に駆られたシーザーは、大勢の仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自らは復讐の旅に出る。その旅の途中でシーザーは、動物園出身で人間の物資を盗んで生きている奇妙なチンパンジーのバッド・エイプと出会い、大佐の居場所を知る彼に道案内をさせることになる。



シリーズを通してプロデューサーを務めてきたディラン・クラークは「シーザーは暗い旅を続けているが、バッド・エイプに出会うと、シーザーがいつもやらないような行動をする。シーザーにとっての岐路となるちょうどよい時期に出会い、何度も希望の光を灯す」とバッド・エイプのキャラクターについて明かす。一方、シーザーを演じたアンディ・サーキスも「シーザーははじめ、バッド・エイプはたまたま出会った変わり者としか思っていないが、2人の間に共通するものがあると気づき、その後は心を通わせるようになる」とシーザーにとってバッド・エイプが大切な存在となることを語った。



吹替えを終えた柳沢は、オファーを受けた当時を「ピッタリだな!って思いましたね。実家の81歳のお袋にも<今度『猿の惑星』の声優をやるんだ>って言ったら、『何役なの?』って聞かれて、『猿』って答えたら『ピッタリじゃん、ピッタリ!観る、観る!』って言っていました」と回想。そして「バッド・エイプは、過去にいろいろあったんだけど、シーザーと出会って新たに勇気をもらうんです。良い役ですよね!オイシイ役なんですよ(笑)」と声を当てたバッド・エイプ同様に、ユーモアを交えてコメント。



吹替えについては「人間が話しているのを聞いて、言葉を覚えたという設定なので、普通にしゃべると人間になってしまうし、やりすぎちゃうとしらじらしくなっちゃうし、凄く難しかったです。鳴き声も、難しかったですね。オッツオッツオッツオッツって、あんまりやり過ぎちゃうとオットセイになっちゃうので」と苦労を明かしつつ、「悲しい過去をシーザーに語るシーンでたっぷり間を空けて、話すんだけどあのシーンで自信が確信に変ったね(笑)」と自信の程も明かす。



「バッド・エイプが、臆病なんだけど、シーザーや友達と出会って変わっていくところも観て欲しいなと思うし、とにかくスケールが大きい作品なので、『えっ』ていうビックリするような映像をお届けしたいと思います」と作品の魅力もしっかりアピールした柳沢。壮絶なストーリーも気になるところだが、面白キャラで知られる柳沢のアフレコにも期待が高まる。


映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

2017年10月13日(金) 全国ロードショー





監督:マット・リーヴス  

出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン