玉木宏が主演を務めるスペシャルドラマ『巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』(テレビ東京系)の放送が決定した。


同ドラマは、テレビ東京六本木3丁目移転プロジェクトとして昨年10月に放送され好評を博した『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』の続編。



>玉木宏の出演作品をもっと見る



主演を務めるのは、前作と同じく玉木宏。前作で社会派ドラマに初挑戦し新たな一面を見せた玉木が、東京地検特捜部検事・冨永真一を演じる。



共演には、老若男女問わず人気が高い女優・名取裕子。玉木演じる特捜検事・冨永が受託収賄容疑で追い詰める、日本初の女性総理候補・越村みやびを演じる。



また、玉木と名取は初共演。冨永がどのように越村を追い詰めていくのか?特捜検事の正義と政治家の正義がぶつかる。



再び特捜検事・冨永真一を演じるにあたって玉木は、「前作は冨永が特捜検事に抜擢されての葛藤や迷いが描かれていましたが、今作はその部分をあまり見せず巨悪に対してどう立ち向かっていくかがメインに描かれていますので、随所の立ち振る舞いに前作との違いがあると思います」とコメント。



また、今作への思いについて「非常に重みのある、世の中の声を代弁するようなドラマになっていると思いますし、日本のトップの方にニュースリリースも思いが届くといいなと思っています」とコメント。



さらに、「一人一人が政治に対して興味をもつことがいい世の中になっていく第一歩だと思っているので、とてもチャレンジングな社会派ドラマだと思います。こういったジャンルが好きな方もたくさんいらっしゃるでしょうし、政治というものがちょっと分からないという方も、この作品をきっかけに興味をもっていただけたらいいなと思います」とアピールしている。