映画ライター・新谷里映が心動かされた、本当に観て欲しい映画たちを連載コラムでお届け。



第29回目は、イタリア映画ながら日本人監督の長谷井宏紀がフィリピンを舞台に描く『ブランカとギター弾き』。日本にいる私達にとって当たり前だと思うよなことがそうではない世界で生きる1人の少女。彼女を見て、“幸せ”とは一体何なのか、いろいろと考えてしまうような…そんな1本だ。


人は、今よりもっと幸せになりたいと思うし、どうしたら幸せになれるのか考える。お金持ちになれば幸せなのか、仕事で成功すれば幸せなのか、欲しいものが手に入れば幸せなのか──“幸せ”の基準は人によっても、その人のその時の環境によっても異なる、そして目に見えないもので、たとえ幸せだという感覚をつかめたとしても、つかんだ瞬間から指の間からこぼれてしまう。実態のないものだからこそ人はつねに幸せを追い求める。



映画『ブランカとギター弾き』は“幸せ”について考えさせられる映画だ。物語の舞台はフィリピン。主人公は、窃盗や物乞いをしながら路上で暮らす少女ブランカ(サイデル・ガブテロ)と流れ者の盲人のギター弾きピーター(ピーター・ミラリ)。縁もゆかりもない2人が出会い、行動を共にするようになる。そのなかで、孤独だったブランカが幸せについてひとつの答えを出すまでが描かれる。なぜ2人は行動を共にすることになるのか、そのきっかけが面白い。



(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film




ある日ブランカは、有名な女優が自分と同じ境遇の子供を養子に迎えたというニュースを見て、子供が親を選ぶこともできるのではないか、お金を貯めたらお母さんを買うことができるのではないか──というアイデアを思いつき、お金を貯めるため、偶然出会ったピーターに歌うことを教えてもらい、一緒に旅に出る。



ブランカは、ちょっと生意気で、気が強くて、自分勝手に映るかもしれないが、11歳の少女がたった1人で生きていくにはそういう“強さ”が必要であることが分かると切なくなる。そんな彼女が、ピーターと過ごすことで徐々に子供らしくなっていく、笑顔になっていく姿が何とも感動的だ。両親がいることも、帰る家があることも、学校に通うことも、私たちが当たり前だと思ってきた生活が、ブランカにとってはものすごく羨ましいことであり、そういう視点からも“幸せとは何なのか”を突き付けられるだろう。



(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film




この映画はイタリア映画だが、監督(・脚本)は日本人の長谷井宏紀氏だ。日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資を得て製作し、第72回ヴェネツィア国際映画祭マジックランタン賞、ソッリーゾ・ディベルソ賞の2冠に輝いているほか、世界各国の映画祭でも話題を集めている。



長谷井監督とはどんな監督なのか──写真家としても活動をしていて、2007年、セルゲイ・ボドロフ監督作『モンゴル』(浅野忠信主演)のスチール写真を担当。2009年、フィリピンのストリートチルドレンとの出会いから生まれた短編映画『GODOG』が、巨匠エミール・クストリッツァに認められ、彼が主催する映画祭でグランプリを受賞。短編やミュージックビデオで経験を積み、2015年、『ブランカとギター弾き』で長編監督デビューを飾った。



(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film




世界を旅してきた人物だからなのか、今回のキャスティング方法がユニークだ。映画を観初めてまず思ったのは、盲人のギター弾きピーターの街のとけ込み方だった。ものすごい役づくりをしている俳優だと思ったら……実は、路上でキャスティング! この映画の前に撮った短編『LUHA SA DESYERTO』のときに出会ったそう。また、ブランカ役のサイデルはプロデューサー経由のYouTubeで見つけた原石。今はフィリピンのミュージカル『アニー』の舞台に出るなど、この映画から新しいスターが生まれた。



幸せはお金で買えるのか、何をもって幸せだと言えるのか……その答えは、ブランカもピーターもみんなそれぞれ異なるだろうけれど、ラストシーンのブランカのあの表情は、私たちにひとつの答えを提示しているような気がする。とても温かい映画だ。





(文・新谷里映)



>その他紹介タイトルはこちら






新谷里映





フリーライター、映画ライター、コラムニスト

新谷里映



情報誌、ファッション誌、音楽誌の編集部に所属、様々なジャンルの企画&編集に携わり、2005年3月、映画ライターとして独立。 独立後は、映画や音楽などのエンターテイメントを中心に雑誌やウェブにコラムやインタビューを寄稿中。



【tumblr】新谷里映/Rie Shintani 






映画『ブランカとギター弾き』

公開中



監督・脚本:長谷井宏紀

製作:フラミニオ・ザドラ(ファティ・アキン監督『ソウル・キッチン』)

制作:アヴァ・ヤップ

撮影:大西健之

音楽:アスカ・マツミヤ(スパイク・ジョーンズ監督短編『アイム・ヒア』)、フランシス・デヴェラ

<CAST>サイデル・ガブテロ / ピーター・ミラリ / ジョマル・ビスヨ / レイモンド・カマチョ

2015年 /イタリア/ タガログ語 / 77分 / カラー / 5.1ch / DCP / 原題:BLANKA / 日本語字幕:ブレインウッズ