『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』などで知られる漫画家の安彦良和が、映画『エルネスト』(10月6日公開)のために描き下ろしたオリジナルポスターが解禁となった。


この映画は、キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラからファーストネームである”エルネスト”と名付けられ、行動を共にした、ひとりの日系人、フレディ前村の物語であり、チェ・ゲバラの意志に共感し、革命に身を捧げていくフレディ前村が理想の社会に向かって戦う姿に、魂を揺さぶられる。



医学生でありながらもチェ・ゲバラに共感し、信念の為に戦いに身を投じる日系ボリビア人・フレディ前村を、阪本監督とは3度目のコンビとなる、オダギリジョーが演じる。



今回のイラストは、安彦が過去に描いた、漫画『週刊 マンガ世界の偉人』でチェ・ゲバラがボリビアでの革命に失敗し、死に向かっていく様子を日系ボリビア人のフレディ前村の目線から描かれた作品が、本作との親和性が高いことから実現した。



本作を鑑賞した安彦は、作品に深く感銘を受け、今回のコラボに関し快く快諾し、2日間でこのイラストを描き上げた。



また、今回のポスターは、ティザーポスターをベースに描かれており、機動戦士ガンダムのタッチで描かれた“二人のエルネスト”が、世界平和を信じ、自分の信念貫こうとする強い意志を感じ、キューバ革命をはじめ、彼らが成し遂げようとする未来に熱い視線を注いでいる様子がわかる。



引き受けた理由を安彦も「自分が描いたゲバラのマンガの中のフレディと同様のストーリーを阪本監督が映画化をしたと聞き、今回のお話しを縁と思い、ご一緒させていただきました」とコメント。



さらに、フレディ役を演じたオダギリジョーについて、「日本人離れした容姿なので、見事に日系二世フレディを演じられていて、流暢なスペイン語も素晴らしく、さすがだと思いました。」と絶賛している。