8月26日に公開となる映画『関ヶ原』から、岡田准一演じる石田三成と、役所広司演じる徳川家康が、【関ヶ原の戦い】に挑むまでに繰り広げる心理戦を収めた最新の予告編が公式サイトで解禁。映像内には、有村架純が演じる伊賀の忍び・初芽と、石田三成が見つめ合い、心を通わせ合うシーンも収められている。



三成が幼少期に豊臣秀吉(滝藤賢一)に気に入られ、家臣として仕えるきっかけとなったと言われる、お茶でのもてなしシーンから始まる予告編。“佐吉”の愛称で呼ばれ、秀吉の傍を片時も離れることがなった三成は、「義を重んじる者に心惹かれます」とセリフにある通り、正義を信じ、愛を貫く純粋すぎる武将だ。



その性格は、西岡德馬が演じる前田利家に「将の上の将になるには、純粋すぎるやもしれぬ」と言われるほど。義を重んじるあまり、家康のしたたかさが気に入らない三成と、そんな三成が憎たらしくて仕方がない家康は、次第に敵対関係を構築していき、さらには様々な人物を巻き込みながら、関ヶ原の戦いへと進んでいく。



解禁された映像では、三成と初芽が互いに抱く“特別な思い”が感じ取れるシーンも映し出される。はじめこそ「人とも女とも思ってくださいますな」と一線を引いていた初芽だが、三成に仕えるにつれて、少しずつ心を開いていく。一方の三成も、旅に出る初芽に向けて「必ず戻ってまいれ」と声を掛けるなど、二人の距離は次第に縮まっていくようだ。



>映像は公式サイトでチェック!


映画『関ヶ原』

2017年8月26日公開



出演:岡田准一 有村架純/役所広司

監督・脚本:原田眞人

原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)

製作:「関ヶ原」製作委員会

製作プロダクション:東宝映画/ジャンゴフィルム

配給:東宝 アスミック・エース