映画『心が叫びたがってるんだ。』の公開記念ありがとう舞台挨拶イベントが、8月2日に都内で実施され、中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎が出席した。



登壇した4人に対して、客席からは歌のサプライズが。歌われた曲は、劇中の重要なミュージカルシーンで流れるオリジナル曲「心が叫びだす~あなたの名前呼ぶよ」(ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」と、オズの魔法使いの劇中歌として有名な「Over the Rainbow」を組み合わせた合唱曲)。これには中島を始めとするキャスト陣も、驚きと感動の表情を隠しきれない様子だった。



4人がステージに立った後も歌は鳴りやまず、最後は4人も観客と一緒になって歌を合唱し、映画の余韻そのままに会場全体が感動に包まれて一つになった。サプライズの感想を聞かれた中島は「ここはライブ会場ですか?こんな素敵な歌声に包まれて幸せでした!」と感動の気持ちを表し、芳根も「みなさんと歌えて嬉しかったです。ありがとうございます!」とニッコリ。石井は「すごく幸せです!ありがとうございます」と笑顔を見せ、寛一郎も「ミュージカルのシーンを撮った時の感動を思い出しました」と感無量の様子だった。



当日は、本作に印象的な台詞が多いことに絡めて、キャストそれぞれがお気に入りの台詞を再現する一幕も。寛一郎は中島が演じた坂上拓実の台詞で「歌ってみるのもありなんじゃない?」という台詞をあげ、中島がその場で台詞を再現すると、場内は大盛り上がり。一方の中島は、寛一郎演じる田崎大樹が、芳根演じる成瀬順に告白する台詞をあげ、寛一郎が「成瀬順、好きだー!」と台詞をマイクなしで叫ぶと、場内からは大きな拍手が送られた。



最後に中島は「どの世代の方が観てもノスタルジックな気持ちになれる作品になっていますし、家族間の会話のきっかけの一つになるような作品だと思うので、もっと多くの方に観て頂けたらと思います。これからも『ここさけ』の応援よろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送っていた。


映画『心が叫びたがってるんだ。』

公開中





監督:熊澤尚人

脚本:まなべゆきこ

出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎

配給:アニプレックス