週末動員ランキング4週連続第1位を獲得するなど超大ヒットを記録したユニバーサル/イルミネーションが贈る、映画『SING/シング』。本作が8月2日よりTSUTAYAにてレンタルがスタートし、「イルミネーション」作品で歴代NO.1の大ヒットを記録した!



一枚で二度おいしい!字幕と吹き替え一気に堪能!



フランク・シナトラ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、誰もがどこかで耳にしたことのあるヒットソングや名曲が60曲以上も使用されている本作。字幕版では、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが歌声を披露。日本語吹替え版でも、内村光良をはじめ、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)ら歌ウマキャストによるアフレコが大きな話題を呼んだ。



そんな本作のレンタル開始に、SNSでは「映画館行きたかったけど結局行けずに見れなかったSINGやっとレンタルで見れたーっ」、「SINGのレンタル始まってたので借りてきた〜英語と日本語両方みるぞ」、「レンタル開始したのでさっそく観ましたがめちゃ楽しくて面白かったです!字幕版で見たので次は吹替えで観ます」とコメント。パッケージ化によって、字幕版と吹き替え版、両方の美声を堪能できることが大きな魅力だ。



そんな『SING/シング』の初動3日間レンタル回数は、『ミニオンズ』、「怪盗グルー」シリーズを抜いてイルミネーション・エンターテインメント作品歴代NO.1の大ヒットスタートを記録! 待望のレンタル開始で、『SING/シング』の人気ぶりに拍車がかかっている。また、本作のサウンドトラックCDもレンタル開始となっているので、本編と合せてぜひチェックして頂きたい。



今、“動物アニメ”が熱い!次に来る注目作は…?



そんな『SING/シング』をはじめ、近年では、『ズートピア』や『ペット』など、動物たちをモフモフキュートに擬人化したアニメーションが、幅広い世代から支持を集め大ヒットを記録している。そんな大注目の“動物アニメ”で、次に登場する注目作は…。



『カンフー・パンダ 3』8月26日(土)レンタル開始!

『カンフー・パンダ3』8月26日(土)レンタル開始!




日本では未公開となっていたフルCGアニメの大人気シリーズ第3弾『カンフーパンダ3』が8月26日にレンタル開始! 総指揮を務めるのは『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などを手掛けてきたギレルモ・デル・トロ。



カンフーをマスターしたぽっちゃりパンダのポーのもとに、生き別れた父親が登場。感動の再会を果たした親子だったが、彼らの元に中国全土制圧を企む“カイ”の魔の手が迫っていた…。





6月12日に上野動物園でジャイアントパンダのメス赤ちゃんが誕生し、全国的にパンダブームが再燃している今夏。ぜひ、夏休みは『カンフー・パンダ3』でアツいアクション、そしてよりアツいパンダブームを体感してみては…?



>他にもあった!?『カンフー・○○』の動物アニメとは…?