女性の足裏を主にした写真展『あのこのあしうら写真展』が、「裸足の日」8月14日(月)から8月20日(日)まで開催される。


ふともも写真やシースルー写真など、フェチズムを昇華させた写真展が注目される中、まだ開拓していなかった場所として、日本で初めての女性の足裏を中心とした写真100枚が展示される。



「裸を見せて」というよりも「足裏みせて」という絶妙な背徳感とフェチシズム。



この機会に足裏を出している女性ならではの、艶かしや、朗らかさ、爽やかさ、生々しさ、柔らかさを感じ取ってほしい。



被写体として、サブカル系でもおなじみ日本ニーソックス協会のモデルであり、元ドラゴンクエスト初心者大使の優月心菜、撮影会やアイドル番組にも出演中であり、身長139cmミニマムタレントの三井瞳などをカメラマン湯澤祐紀が撮影した。



展示会場は、古民家をリノベーションしたアートスペースで無垢板の床となっており、写真展としては珍しい靴を脱いでリラックスして閲覧が出来る「足裏スタイル」。



会場入り口には激痛足つぼマットを設置し、とことん足裏にこだわったスタイルでお迎えする。会場では限定グッズも各種販売予定。



◆『あのこのあしうら写真展』概要

時期:2017年8月14日(月)〜8月20日(日)

時間:11:00〜20:30 入場料:500円

場所:イエローハウス(東京都中央区日本橋久松町3-1)