『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う』など、エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、そしてさまざまな映画の引用で、世界中のファンから愛されているエドガー・ライト監督。イギリス出身の彼が、本格的ハリウッド長編映画デビューを果たし、脚本・監督を務めた最新作『ベイビー・ドライバー』が8月19日より公開となる。今回、本作で主人公の“ベイビー”を演じたアンセル・エルゴートの来日が決定した。



エルゴートの来日は、2015年のEDMイベント「ULTRA JAPAN」に”DJアンソロ”名義で参加して以来約2年ぶり。俳優として映画のプロモーションのために来日するのは今回が初めてとなる。現在、日本に先立ってプロモーションツアーのために世界各国を訪れている彼は、オーストラリアではコアラやカンガルーと触れ合ったり、マレーシアでは寺院を訪れたりと、各国を満喫している様子を自身のinstgramに逐一アップしている。ワールドツアー最後の地である日本では、何を楽しむのかにも注目が集まりそうだ。



なお、アンセルは19日に開催される初日舞台挨拶に登壇予定。チケットは「チケットぴあ プレリザーブ先行抽選申し込み」にて9日11:00amより申し込みがスタートされる予定だ。


映画『ベイビー・ドライバー』

8月19日(土)新宿バルト9 他全国ロードショー





監督・脚本:エドガー・ライト『アントマン』

製作:ニラ・バーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー

出演:アンセル・エルゴート『きっと、星のせいじゃない。』/ケヴィン・スペイシー『アメリカン・ビューティー』/リリー・ジェームズ『シンデレラ』/エイザ・ゴンザレス『フロム・ダスク・ティル・ドーンザ・シリーズ』/ジョン・ハム『MAD MEN マッドメン』シリーズ/ジェイミー・フォックス『ANNIE/アニー』

2017 年/アメリカ映画/原題:Baby Driver

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント