湘南・鎌倉を舞台にしたアニメーション映画『きみの声をとどけたい』が、「鎌倉花火大会」「街の大掃除」に続き、8月5日・6日の2日間にわたって、劇中に登場する龍口寺の「龍の口 竹灯籠」との連動企画を実施。江ノ島駅と腰越駅から龍口寺に続く商店街や龍口寺境内に【オリジナルデザインの竹灯籠】や【竹灯籠のオリジナルアーチ】を設置した。



>写真を見る



【オリジナルデザインの竹灯籠】は、映画にちなみ、「コトダマ」をイメージしたもの。この竹灯籠が設置されたのは、龍口寺境内および、江ノ島駅と腰越駅から龍口寺に続く商店街だ。江ノ島電鉄(以下江ノ電)の沿線で、商店街の中を車両が走る唯一の区間も含まれている。江ノ電が腰越へ続く商店街に竹灯籠が立ち並んだほか、竹灯籠で作られたアーチのオブジェも登場。あたたかい灯りの中を走る江ノ電の姿には、江ノ電ファンのみならず、たくさんの人が足を止め、写真撮影を行っていたという。



企画では、映画のストーリーにちなみ、コトダマラジオで“叶えたい想い”を「コトダマメッセージ」として募集。その中から集まった30名の「コトダマメッセージ」が刻まれた、世界で一つだけの竹灯籠も商店街を彩った。一般募集された“叶えたい想い”には「みんなが笑顔で過ごせますように」といった温かな願いから、「9月には大学卒業できますように」という切実なものも。通りがかりの人たちも灯篭の前で立ち止まり、思い思いの“コトダマ”に笑みを浮かべていた。中でも一番目を引いたのは「アニメーターになる!」というメッセージ。これには『きみの声をとどけたい』のスタッフも驚いたという。



今年の龍口寺「龍の口 竹灯籠」の来場者は、2日間でなんと約6000人にのぼった。来場者からは「初めて見に来たが、とても綺麗で驚いた」「商店街の竹灯篭は今年限りとしても、来年も龍口寺の灯籠は見に来たいと思った」「映画を見に行きたいと思った」など、映画への関心を示す声が多く上がった。また、商店街の人々からは「今回のコラボのおかげで例年より人が多く来てくれた」「今回をきっかけに、商店街が盛り上がってくれれば嬉しい」などの感想が寄せられたという。



一方、江ノ島電鉄の全駅には、8月からキャラクターデザインを務めた青木俊直の描き下ろし地元限定ポスタービジュアル【第3弾】が掲示中。第3弾は、美しい夏の海を背景に、江ノ電の駅ホームを挟んで、主人公のなぎさたちが挨拶を交わす様を描いた爽やかなビジュアルに仕上がっている。また、鎌倉FMでは、本作の設定を実際に具現化し、NOW ON AIRと地元の高校生たちでつくる地域密着型ラジオ番組「コトダマラジオ」が好評オンエア中だ。



【放送日】毎週水曜23:00〜23:30 好評放送中!

【放送局】鎌倉FM 【周波数】82.8MHz


映画『きみの声をとどけたい』

8月25日(金)全国公開





【キャスト】

片平美那/田中有紀/岩淵桃音/飯野美紗子/神戸光歩/鈴木陽斗実/三森すずこ/梶裕貴/鈴木達央/野沢雅子

【スタッフ】

監督:伊藤尚往

脚本:石川学

キャラクターデザイン:青木俊直

アニメーションキャラクターデザイン:髙野綾

音楽:松田彬人

制作:東北新社 マッドハウス

製作:「きみの声をとどけたい」製作委員会

イメージソング「この声が届きますように」(NOW ON AIR)